『バイエルの謎』その後〜無自覚な音楽史

安田 寛(やすだ・ひろし)
1948年山口県生まれ。1974年国立音楽大学大学院修士課程修了。2001年より奈良教育大学教育学部教授。2013年定年退職し現在奈良教育大学名誉教授。専門は、19〜20世紀の環太平洋地域の音楽文化の変遷について。2001年放送文化基金賞番組部門個別分野「音響効果賞」、2005年社団法人日本童謡協会日本童謡賞・特別賞を受賞。主な著書に、『バイエルの謎 日本文化になったピアノ教則本』(音楽之友社、2012年)、『『バイエル』原典探訪 知られざる自筆譜・初版譜の諸相』(音楽之友社、2016年)などがある。


安田 寛

小野 亮祐(おの・りょうすけ)
1976年生まれ。広島大学大学院博士課程修了。レーラインの鍵盤楽器教本の研究で博士(学術)を取得。DAADドイツ学術交流会奨学生(2005/06年)として、ライプツィヒ大学博士課程音楽学専攻に留学。専門は音楽学、音楽教育史。2011年より北海道教育大学釧路校准教授。2016年、外国人客員研究員としてライプツィヒ大学音楽学研究所にて研究に従事。著書に、『『バイエル』原典探訪 知られざる自筆譜・初版譜の諸相』(音楽之友社、2016年)がある。日本音楽学会、日本音楽表現学会、日本音楽教育学会、音楽教育史学会、各会員。

小野 亮祐

第21回
死んでも死にきれなかったバイエル

◆ 早過ぎた死

 バイエルが亡くなったのは1863年5月15日で、56歳9か月と2週間の生涯だった。その時、妻カロリーネは53歳になっていた。遺された子供は、長女フリーデリケ・エリーザベット・クレメンティーネ(Friederike・Theodore・Elisabeth・Clementine) 、長男ゲオルク・エルンスト・へルマン(Georg Ernst Hermann )、次男アドルフ・フェリックス・ヴィクトール(Adolph Felix Viktor) 、三男ヨハン・フランツ・フェルディナント(Joh. Franz Ferdinand)の4人で、バイエルが亡くなった時、それぞれ28歳、25歳、22歳、18歳であった。長女は生涯独身であったようで、長男と次男は音楽教師に、三男は編集者になった。バイエルはどれくらい遺産を残せたのか。家族が十分に暮らせるだけのものを遺せたのであろうか、それは分からないが、思いがけず収入源が途絶えたことはそれなりに痛手であっただろう。遺された妻カロリーネには生活費を節約し、さらに工面する重荷がかかってきたに違いない。彼女は、バイエルの死後、さらに12年ほど長く生きた。バイエルの死は家族にとっては早過ぎた。

バイエル家の戸籍

Familien’ Nummer Namen der Eltern un ihrer Kinder Geburts Geburtsort Gewerbe. Geheirath et im Jahr und wohin Nummer  
Tag. Monat. Jahr. gezogene. getauschte.
7206 bis † Beyer August Ferdinand 25 Juli 1806 Querfurt Compositeur Hanover 14. Mai 1834     Mann gest. 14. Mai 1863. Mainz Bürger zu Leipzig seit 1847.
Hunstock Karoline Friederike Susanna Maria 29 Decbr. 1809 Oldenburg         Frau gest: 21. April 1875 Mainz
a † Joh. Franz Ferdinand 5 Octbr. 1844 Mainz Redakteur ledig   untauglich a. 2. August 1884 Mainz
b † Georg Ernst Hermann 27 Mai 1838 id. Musiklehrer verh.   zur nächsten b. gest. 3 Nov. 1902 Frankfurt a.M.
† 1 Friederike Theodore Elisabeth Clementine Clementine † 25 Oktbr. 1834 Hanover         1. gest. 19. Juli 1914 zu Mainz
c † Adolph Felix Viktor 28 April 1840 Mainz Musiklehrer ledig   untauglich c. gest. 21. Mai 1903 Mainz
 
  27 Jahre alt  
S. v b. Beyer, Hermann Alfred Ferdin 3 Sept. 1880 Mödling in Bankkaufmann     Aufgenommen in den Preus. Reserverbd. lt. Mitteilung des Reg. Präs. Wiesbaden von 17.
 
Frau Neumann, Karolina Olga                  

◆ ミステリーは解けた

 前回の最後で「なぜバイエルは死後も作曲したのか、次回はこのちょっとしたミステリーを解いてみたい」と述べた。メロディブック第2巻と第3巻とが、バイエルの死後出版されていることに不思議を感じた、小さなミステリーである。しかし生前に書いたまま出版されず残された楽譜、いわゆる遺稿が出版された、と考えればミステリーでも何でもないことになる。果たしてそうだろうか。
 ミステリーを解いてくれるのは、バイエルが働いたショット社の内部資料である。バイエルが契約していたショット社は、2020年で創業250年を迎える。これを期に社史に関する資料が整理され、内部資料が近年、図書館に移管・整理されて一般に閲覧できるようになってきている。調査を進める中で、バイエルの直筆や手紙がショット社の資料室には残されていたことがわかってきた。その全容はまだわからないものの、一部は昨年から順次図書館で閲覧できるようになった。筆者も、本連載の内容を練り執筆しながらこうした資料の現地調査を順次行っている。
 そうしたなかで、バイエルの作品がなぜ死後も出版され続けたのか、その経緯の一旦が分かる貴重な手紙が見つかった。それは、バイエルの死から3年がたった1869年の、妻のカロリーネの2通の手紙である。そこには、妻の手元にあったと思しきいくつかのバイエルの自筆譜を、ショット社が買い取って、その代金を受け取った旨のことが書かれてあった。バイエルが生前に出版できなかった楽譜は、出版社にとってまだ価値のあるものだったのだ。メロディブック第2巻が1864年の6月に、第3巻が翌65年の1月に、いずれもバイエルの死後に出版されたのは、こうした事情からだったと考えられる。

◆ ミステリーは続く

 しかしこれでバイエルの作品が死後も出版され続けた謎がすべて解けるわけではない。死後出版された作品の中に、バイエルが作曲できるはずがないものが含まれているからである。音楽学者ヘルマン・ゴチェフスキが書いているように、1869年にバイエルの編曲で出版されたワーグナーの〈マイスタージンガー〉は、バイエルの死後に初編されたオペラなので、バイエルが編曲できるはずがない。バイエルの死後出版された作品はバイエルが生前に書いていたものだけではないということになる。なぜそうなったのか。その答えをゴチェフスキは当時の有名な評論家フェティスの音楽人名事典に見つけている。
 「かれの商売はたいへん盛んだったので、その後継を引き取って仕事を続ける芸術家が現れた。つまりバイエルの作品の愛好者を満足させるために、あるピアノの小品の作曲家がバイエルの名前を使った。かれは名前のイニシャルだけを変えて、F.Beyerの代わりS.Beyer と名乗ったのである」(ゴチェフスキ訳)

◆ 誤記

 話はここで終わらない。この記事のある重要な誤記を、ゴチェフスキは見つけている。S.Beyer はV.Beyer の間違いだというのだ。フェティスによるとバイエルの名前を騙ったという人物は、F のイニシャルはSに変えたのではなく、Vに変えた、というのが正しい、というわけである。となるとここで重要な推理が成立する。V. Beyer は音楽教師になったバイエルの次男アドルフ フェリックス ヴィクトール(Adolph Felix Viktor) ではなかったか、ということだ。もしもそうであるなら、次男がバイエルの後を継いで、バイエル家の家計を支えたということになる。これには残念ながらまだ証拠はないが、ショット社の内部資料がどんどん公開されているので、契約書か領収書に、やがて証拠が見つかるに違いない。
 バイエルの死は家族には早過ぎたが、バイエル教則本とその併用曲集であるメロディー・ブックは売れ続けたし、妻が管理していた生前の作品が出版され、次男が父の後を継いでと、バイエルは死後も家族を守って、立派な家長であり続けたのである。

◆ バイエルはもう1冊、ピアノ教則本を書いていた

 家族にとっては早過ぎた死ではあったが、バイエル自身にはもしかしたらよい時期だったのかもしれない。メロディー・ブック第3巻の売れ行き不振を見ずにすんだからである。ショット社のドル箱であったバイエルの時代は終わろうとしていた。それを暗示するもうひとつの事実がある。バイエルには、よく知られたピアノ教則本のほかに、実はほとんど知られていないもうひとつのピアノ教則本があった。次回は、それについてお話する。

ご紹介した本
バイエル・ピアノ教則本
New Edition 「やさしい楽典」付

バイエル・ピアノ教則本 New Edition 「やさしい楽典」付
伊藤康英 編

教師・保育士をめざす方、大人の初心者や独習者にも、ピアノを弾く基本を学べるように工夫。巻頭に「楽譜の読み方」の解説を設け、わかりやすく楽典の手ほどきをした。各曲はすべて版を新たに作成し、大変みやすくなった。巻末には、併用曲を収録。童謡やマーチ、クラシックの名曲など、教育現場、保育現場でよく用いられている曲を選曲。本文と技術内容もそろえて、たのしく新鮮な響きに編曲している。


HOME
JASRAC
JASRAC許諾番号:
9013065002Y38029
JASRAC
JASRAC許諾番号:
S1009152267