舘野泉 左手のピアノ・シリーズ

舘野泉

舘野泉

1936年 東京生まれ。
1960年 東京藝術大学首席卒業。1964年よりヘルシンキ在住。1968年メシアン・コンクール第2位。世界各国で行った演奏会は3500回を超え、世界中の聴衆から熱い支持を得る。
2002年 脳出血により右半身不随となるが、2004年「左手のピアニスト」として復帰。
2002年 左手作品の充実を図るために「舘野泉左手の文庫(募金)」を設立。
2010年 演奏生活50周年を迎える。
2012年 ウィーン、ハンガリー、フランス、エストニア、ヘルシンキ、モンゴル、ベルリンで海外公演を行う。左手ピアノ音楽の集大成「舘野泉フェスティヴァル〜左手の音楽祭2012-2013」は、全16回公演で独奏曲から室内楽作品の数々を紹介し、最終回は自身に奉げられた3つのピアノ協奏曲をプログラムにして全国ツアーで完結。
2014年 ベルリン・フィルハーモニー・カンマザールでのリサイタルは全聴衆総立ちのスタンディング・オーベーションで讃えられた。
舘野泉オフィシャル・ホームページ http://www.izumi-tateno.com

最新刊

オルフェウスの涙

オルフェウスの涙 ピアノ(左手)のために光永浩一郎 作曲

舘野泉の委嘱により2015年に作曲。同作曲者による左手のための作品《サムライ》同様、国内外で演奏され、好評を博している。ワインを軽く回すと内側に流れ落ちるしずくを表す「ワインの涙」と、オルフェウスが奏でる竪琴の調べに人びとや動物たち、木々さえも涙を流して聴き入ったという伝説から、タイトルが発想されている。敬愛する作曲家たち(モンポウ、ドビュッシー、タレガ)のオマージュ集で、心の奥にしみ入る旋律と響きが魅力的な作品。全3曲。


ラインナップ


HOME