舘野泉 左手のピアノ・シリーズ

舘野泉

舘野泉

1936年 東京生まれ。
1960年 東京藝術大学首席卒業。1964年よりヘルシンキ在住。1968年メシアン・コンクール第2位。世界各国で行った演奏会は3500回を超え、世界中の聴衆から熱い支持を得る。
2002年 脳出血により右半身不随となるが、2004年「左手のピアニスト」として復帰。
2002年 左手作品の充実を図るために「舘野泉左手の文庫(募金)」を設立。
2010年 演奏生活50周年を迎える。
2012年 ウィーン、ハンガリー、フランス、エストニア、ヘルシンキ、モンゴル、ベルリンで海外公演を行う。左手ピアノ音楽の集大成「舘野泉フェスティヴァル〜左手の音楽祭2012-2013」は、全16回公演で独奏曲から室内楽作品の数々を紹介し、最終回は自身に奉げられた3つのピアノ協奏曲をプログラムにして全国ツアーで完結。
2014年 ベルリン・フィルハーモニー・カンマザールでのリサイタルは全聴衆総立ちのスタンディング・オーベーションで讃えられた。
舘野泉オフィシャル・ホームページ http://www.izumi-tateno.com

最新刊

オルフェウスの涙

夢の王国 左手ピアノのための4つのプレリュード新実徳英 作曲

舘野泉の委嘱により2020年に作曲。体験した夢と想像した夢がないまぜになって楽想にあらわれる。夢は不条理・不合理なものだが、夢の側から見たら、夢こそが現実で、私たちが現実と信じているものが夢の世界かもしれない。砂丘の砂が形を変えていく様子をトリルとペダルで表現する〈夢の砂丘〉、ひとつのうたの中に別のうたが侵入してきて錯綜した世界が生まれる〈夢のうた〉、「階段を踏みはずす」モチーフで始まる〈夢階段〉、儚さと確かさが同居する〈夢は夢見る〉の全4曲。作曲家の技が光る名作。


ラインナップ


HOME