Stereo 2018年8月号
今月号

Stereo 2018年8月号

至高のDIYサウンド〜オーディオクラフト2018

第1回・スピーカー甲子園〜学生チーム対抗 自作スピーカーコンテスト

【特別定価】¥1,080 (税込)
【判型】B5
【発行】2018年7月
【商品コード】051808
購入する

【Stereo 2018年8月号】ご購入の方法について

全国の書店、もしくは以下のネットショッピングよりご購入いただけます。
オンラインで購入される場合は、下記リンクから各ショップの購入ページにお進みください。

楽天ブックスで購入 セブンネットで購入 ヤマハWeb Shopで購入

※ショッピングサイトによって、在庫の無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※同一ショッピングサイトのカートにまとめて、複数の商品を同時に購入することも可能です
※詳しい購入方法は、各ショッピングサイトにてご確認ください。

■ミューズの方舟「自作スピーカーコンテスト」出品者募集のお知らせ

 オーディオサークル「ミューズの方舟」主催による、恒例の『自作スピーカーコンテスト2018』が、今秋も開催される。現在、同コンテストへの出品者を募集中だ。
 今年のテーマは「スキャンスピーク 10F/8414G10を一発」使ったスピーカーシステム。過去、同社のユニットを活用したコンテストでは、多くの名スピーカーが生み出されてきた。今回も、最新のデザインコンセプトに基づく10cmフルレンジから、どのようなポテンシャルが引き出されるか、楽しみだ。
 出品を希望される方には、募集要項をお送りするので、以下までご請求いただきたい。参加申し込みの締切りは、本年8月25日(消印有効)。皆様のご応募をお待ちしている!
<名称> ミューズの方舟『自作スピーカーコンテスト2018』
<開催日程> 2018年12月上旬〜2019年1月上旬の日曜日(祝日または振替休日の場合あり)
<会場> 品川区中小企業センター
※日程および会場は予定です。
<問い合わせ・資料請求> ミューズの方舟(井上) メール:muses-ark@mbr.nifty.com
<ブログ> http://d.hatena.ne.jp/musenohakobune/

■ONTOMO MOOK掲載バックロードホーン 公開試聴イベント

 ONTOMO MOOK『バックロードホーン・スピーカーをつくる!』(7月19日発売)に掲載される4人のクラフト系評論家の手によるバックロードホーンの最新作を、作者自身の解説付きで楽しめる公開試聴イベントが、2018年7月21日(土)および8月4日(土)、秋葉原のコイズミ無線本店で開催される。
 市販スピーカーの多くは採用しておらず、ほぼ自作するしかないといわれるバックロードホーン・スピーカー。それぞれのこだわりと製作秘話なども聞ける貴重な機会。クラフト派はもちろん、ハイスピードサウンドを求めるオーディオファンも、ぜひ足をお運びいただきたい。
<テーマ> ONTOMO MOOK『バックロードホーン・スピーカーをつくる!』に掲載される最新作バックロードホーン4種の公開試聴
<会場> 秋葉原 コイズミ無線本店(東京都千代田区外神田4‐5‐5 アキバ三滝館2F)
◇7月21日(土)13時〜15時
・小澤 隆久作品「スーパーバイエル」:FE126En使用(トールボーイ形)
・浅生 刑酩福ASB852WK」:FF85WK×2個使用(トールボーイ形)
◇8月4日(土)13時〜15時
・炭山 アキラ作品「シュモクドリ」:FE126En使用(鳥形バックロードホーン)
・生形 三郎作品「RBH-04 和三盆」:FE108EΣ使用(逆スパイラルホーン)

■エソテリック 「N‐05」「N‐03T」MQA対応のご案内

 エソテリック蠅蓮▲優奪肇錙璽オーディオプレーヤー「N‐05」およびネットワークオーディオトランスポート「N‐03T」について、高音質コーデックの“MQA”に対応するアップデートを、2018年6月14日(木)より開始した。
<対象製品> ネットワークオーディオプレーヤー「N‐05」、ネットワークオーディオトランスポート「N‐03T」
<主なアップデート内容> ◎MQAのデコード/再生に対応
※N‐03Tは、仕様により96kHzまでのコアデコードに対応
<開始日> 2018年6月14日(木)
<問い合わせ> エソテリック AVお客様相談室 0570‐000‐701 PHS・IP電話等からは、042‐356‐9235
<ホームページ> http://www.esoteric.jp

■シュア・ジャパン SEシリーズイヤフォン 保証期間変更のご案内

 シュア・ジャパンは、高遮音性イヤフォンの保証に関する規定を統一するため、SEシリーズの現行モデル全製品について、2018年6月7日(木)より、保証期間を1年間(延長保証で6か月追加)から2年間に変更したことを発表した。
 本年6月7日より出荷されている新パッケージには「2年保証サービス」を表すアイコンが印刷されており、「2年保証」と記載された限定保証説明書が同梱される。店頭で販売される旧パッケージ製品には、保証期間が1年間と記載されたものが混在するが、購入日が本年6月7日以降であれば自動的に「2年保証」にアップグレードされる形だ。
 なお、アフターサービス充実のため、これまでに購入済みの同シリーズ製品についても、2017年6月8日まで日付を遡って、購入日より「2年保証」が提供される。
<保証期間> ご購入から「2年間」
<対象製品> SE112/SE215/SE215 SPE/SE315/SE425/SE535/SE535 LTD/SE846
<適用日> 2018年6月7日(木)以降の新規ご購入
<購入済み対象製品の取扱い>
◎2017年6月8日以降に購入されたもの…「2年保証」を適用
◎2017年6月7日以前に購入されたもの… 従来の保証を適用
<問い合わせ> 完実電気蝓´050‐3388‐6838
<ホームページ> https://www.shure.co.jp/support/warranty

■Beat Audio イヤフォン交換ケーブル

 ミックスウェーブ蠅蓮同社取扱い中国 Beat Audio社のイヤフォン交換ケーブル「Supernova MKII」より、AKGイヤフォン対応モデル(AKG MMCX‐3.5mm/2.5mm/4.4mm)を、2018年6月20日(水)より発売した。
 本製品は、独自の銀メッキ銅導体を採用したイヤフォン用アップグレードケーブル。導電糸には、多面になるよう精巧に研磨した特注素材を導入し、有効な導電面積を従来品の8倍としたほか、その本数を30本に増やし情報量を向上。振動を最小限に抑えるため螺旋状に成型されたナイロン糸をコア部に使用する。
 また、スパイラルパターンを持つ高純度銀シースも、導体に流れる信号を高い精度で伝えられるよう品質的改良を行ない、音場感やディテールを約300%向上している。
 イヤフォンは、AKG「N5005」と「N30」に対応。入力側は、3.5mmステレオミニ/2.5mm4極/4.4mm5極を用意した。
<商品名>「Supernova MKII」シリーズ(AKG MMCX‐3.5mm/2.5mm/4.4mm)
<価格> オープン(※メーカー希望小売価格:35,100円+税)
<発売日> 2018年6月20日(水)
<問い合わせ> ミックスウェーブ蝓´03‐6804‐1681
<ホームページ> http://www.mixwave.co.jp

■B&W スピーカーケーブルプレゼントキャンペーン

 螢妊ーアンドエムホールディングスは、英国 B&W「800D3」「802D3」をご成約され、ご応募いただいた方に、audioquest製高級スピーカーケーブルをプレゼントするキャンペーンを実施中だ。
<名称>「B&W 800D3/802D3 高級スピーカーケーブルプレゼントキャンペーン」
<期間> 2018年6月20日(水)〜8月20日(月)ご購入分
※応募締切り:2018年9月15日までの消印有効となります。
<対象製品/プレゼント品>
◎B&W「800D3」 → audioquest社 スピーカーケーブル「Oak 2」(3m/Yラグ)
◎B&W「802D3」 → audioquest社 スピーカーケーブル「Aspen」(3m/Yラグ)
<応募方法> .ャンペーン期間内に購入された対象製品の保証書のコピー、△換愼時の領収書またはレシートのコピー、プレゼント品の送付先(名前/郵便番号/住所/電話番号)を明記したものを、封書にて以下宛先までお送りください。
※対象製品ご購入につき1回の応募とさせていただきます。
◇応募先…〒210‐8569 神奈川県川崎市川崎区日進町2‐1 D&Mビル3F 株式会社ディーアンドエムホールディングス
「B&W 800D3/802D3 スピーカーケーブルプレゼントキャンペーン」係 宛て
※本キャンペーンは、短冊POP掲示店舗のみの実施となります。
<問い合わせ> ディーアンドエム お客様相談センター 0570‐666‐112(受付:9時30分〜17時30分/土日祝除く)
<ホームページ> http://dm-importaudio.jp

■Pro-Ject MMカートリッジプレゼントキャンペーン

 螢妊ーアンドエムホールディングスは、オーストリア・Pro-Ject製プレーヤー「The CLASSIC」をご成約され、ご応募いただいた方に、Ortofonカートリッジをプレゼントするキャンペーンを実施中だ。
<名称>「Pro-Ject The CLASSICプレーヤー Ortofonカートリッジプレゼントキャンペーン」
<期間> 2018年6月20日(水)〜8月31日(金)ご購入分
※応募締切り:2018年9月15日までの消印有効となります。
<対象製品> Pro-Ject アナログプレーヤー「The CLASSIC」
<プレゼント品> Ortofon MMカートリッジ「2M Red」
<応募方法> .ャンペーン期間内に購入された対象製品の保証書のコピー、△換愼時の領収書またはレシートのコピー、プレゼント品の送付先(名前/郵便番号/住所/電話番号)を明記したものを、封書にて以下宛先までお送りください。
※対象製品ご購入につき1回の応募とさせていただきます。
◇応募先…〒210‐8569 神奈川県川崎市川崎区日進町2‐1 D&Mビル3F 株式会社ディーアンドエムホールディングス
「Pro-Ject CLASSIC 2M Redプレゼントキャンペーン」係 宛て
※本キャンペーンは、短冊POP掲示店舗のみの実施となります。
<問い合わせ> ディーアンドエム お客様相談センター 0570‐666‐112(受付:9時30分〜17時30分/土日祝除く)
<ホームページ> http://dm-importaudio.jp

■CH Precision デジタル入出力HDボード アップグレード開始

 螢璽侫.鵑蓮同社取扱いスイスCH Precisionより、「C1 mono/C1/D1」向けデジタル入出力HDボードおよびデジタルリンクケーブルのアップグレードを、2018年6月6日(水)より開始した。
 このアップグレードにより、CH Lnik端子とCH Lnikケーブルが最新型(HDタイプ)となり、サウンドパフォーマンスが飛躍的に向上することに加え、MQAデコーディングへの対応や新開発スプライン補間デジタルフィルターといった新機能(C1 mono/C1)に対応する。
 また、旧型デジタル入出力ボードでは、今後のファームウェアアップデートを受けられない場合があることから、最新版ファームウェアによるサービスを受けるためには必須のアップグレードとなっている。
<商品名> デジタル入力HDボード「C1 Digital Input Board HD」
<価格> 300,000円+税
<商品名> デジタル出力HDボード「D1 Digital Output Board HD」
<価格> 300,000円+税
<商品名> ハイスピードデジタルリンクケーブル「CH Link HD」
<価格> 240,000円+税(1m) ※+0.5m:15,000円+税
<開始日> 2018年6月6日(水)
<問い合わせ> 螢璽侫.鵝´03‐5917‐4500
<ホームページ> http://www.zephyrn.com

■FiiO オーディオプレーヤー製品 アップデートのご案内

 螢┘潺薀い蓮中国 FiiO社製オーディオプレーヤー「X7 Mark II」「X5 3rd」「X3 Mark III」について、さらなる品質向上のため、ファームウェアアップデートを開始した。
<対象製品> FiiO「X7 Mark II」
<主なアップデート内容>
◎USBオーディオ出力機能(標準設定はDoP)を追加
◎曲をリストから選択後、自動的に再生画面に遷移する設定を追加
◎ViPER Effect有効時、FLAC再生音が途切れる問題を修正
◎WMAに含まれるアルバムアート画像が表示されない問題を修正
◎データ領域を4GBへ拡張
◎Music appの日本語訳を追加
◎その他、GUIや音声出力、設定機能などの不具合を修正
<対象製品> FiiO「X5 3rd」
<主なアップデート内容>
◎USBオーディオ出力機能(標準設定はDoP)を追加
◎曲をリストから選択後、自動的に再生画面に遷移する設定を追加
◎ViPER Effect有効時、FLAC再生音が途切れる問題を修正
◎WMAに含まれるアルバムアート画像が表示されない問題を修正
◎電源オン時のLEDの点灯/消灯設定を追加
◎その他、GUIや音声出力、設定機能などの不具合を修正
<対象製品> FiiO「X3 Mark III」
<主なアップデート内容>
◎MacとのUSB DAC接続機能を追加
◎システム設定の一部を見直し、メディアライブラリおよびBluetooth情報をリセットする仕様に変更
◎新たにイタリア語に対応
◎その他、軽微な不具合を修正
<公開日> 2018年6月18日(月)
<問い合わせ> 螢┘潺薀ぁ´03‐6206‐4710
<ホームページ> https://www.fiio.jp/support/

■アンダンテラルゴ 公式Twitter/YouTube開設のお知らせ

 アンダンテラルゴ蠅蓮△海療戞公式TwitterアカウントおよびYouTubeチャンネルを開設した。
 Twitterでは、新製品ニュースやイベント等の出展、雑誌への掲載情報など、またYouTubeは、TMD(接点溶剤)やハンルの使い方解説動画等を、順次アップしていく。
<公式Twitterアカウント> https://twitter.com/info_a_l
※または、ID検索「@info_a_l」
<YouTubeチャンネル> https://www.youtube.com/channel/UCYAxV0axumXxqoAyjyUpW5w
※または、YouTube検索から「オーディオのアンダンテラルゴ」
<問い合わせ> アンダンテラルゴ蝓´042‐393‐3412
<ホームページ> http://andante-largo.com

■ラトックシステム 制振強化DVDドライブ

 ラトックシステム蠅蓮∪振対策ケースにDVD‐RWドライブを搭載した、USB3.0対応DVDドライブ「RP‐EC5‐U3AIW56」を、直販サイト『ラトックプレミア』各店にて、2018年6月19日(火)より発売した。
 本製品は、制振強化対策を施した外装ケースに産業用光学ドライブを内蔵したDVDドライブ。メインユニットには、アルメディオ社製DVD‐RW「DV‐W5600S」を搭載。長時間の安定稼働を前提としたビジネス用途向けに設計されているため、常に安定した環境でリッピングを行なうことができる。
 振動を効率よく減衰させるため、ケース内部の上下にシートタイプのインシュレーター(建物の制振対策にも使用されている防振ウレタンエラストマー「セルダンパー」)を配置し、ドライブを内蔵した5インチケースを密着させる構造を採用。併せて筐体は、従来のABS製スリーブより遥かに比重の大きい1.6t鋼板とし、強固なスリーブケースへ変更することで、インシュレーター本来の性能を発揮するとともに全体に伝わる共振を防止できる。
 さらに、筐体と光学ドライブが設置される位置関係に着目し、光学ドライブを低く設置することで振動の発生を抑制するほか、ネジ留めされていないドライブケースの内部鋼板の天板にもインシュレーターを取り付けるなど、制振のためのディテールに細部までこだわっている。
 製品の背面には、USB3.0コネクタを装備。ドライブが内蔵できないノートパソコンやサーバーなどと組み合わせて使用できる。
<商品名> USB3.0対応 制振強化DVD‐RWドライブ「RP‐EC5‐U3AIW56」
<直販価格> 34,800円(税込)
<発売日> 2018年6月19日(火)
<問い合わせ>「ラトックプレミア」サポートセンター ratoc_3@shop.rakuten.co.jp
<ホームページ> http://www.ratocaudiolab.com

■ラトックシステム 光デジタル音声分配器

 ラトックシステム蠅蓮光デジタル音声を3つに分配する1入力3出力光デジタル分配器「RP‐OPTSP13」を、直販サイト『ラトックプレミア』各店にて、2018年6月7日(木)より発売した。
 本製品は、光デジタルから出力される音声データを、最大3つの機器に分配し出力することができる光デジタル分配器。テレビやレコーダーなどの光デジタル音声を、本製品を中継することで複数のオーディオ機器に分配し、配線をつなぎ替えることなく用途に合わせ楽しめる。
 最大24bit/96kHzまでの音声データをサポートしており、ブルーレイの高精細オーディオソースもそのまま再生が可能。また、ドルビーデジタル、DTS、AACそれぞれ2ch/5.1ch(※サラウンド時は48kHzまで)に対応し、ホームシアターセットと接続して臨場感のあるサウンドを満喫することが可能だ。
 なお、給電用USBケーブルも同梱されており、外部電源を供給することで安定した伝送を行なえる。
<商品名> 1入力3出力光デジタル分配器「RP‐OPTSP13」
<直販価格> 2,880円(税込)
<発売日> 2018年6月7日(木)
<問い合わせ>「ラトックプレミア」サポートセンター ratoc_3@shop.rakuten.co.jp
<ホームページ> http://www.ratocaudiolab.com

■向谷 実 ライヴツアー「East meets West 2018」今秋開催決定!

 2016年11月、向谷 実のプロデュースの下、日本と世界で活躍するジャズ・フュージョン系のトップミュージシャン達を迎え、東京にて1日限りで行なわれた伝説のライヴ「East meets West」。発売後すぐに完売したチケットを握りしめた幸運なファンは、タイトル通り東洋と西洋が融合した豪華ミュージシャンが繰り広げる演奏に熱狂した。
 あのライヴから2年あまり。再び向谷 実のプロデュースにより、日本と世界のミュージシャン達が日本に集結。「East meets West 2018」と題して今年11月に、福岡・大阪・東京の3か所でホールツアーを行なうことが決定した。世界を股にかけて活躍している豪華メンバーが顔を揃える貴重なライヴとなる。
 なお、今夏には同メンバーが、ロサンゼルスでレコーディングを行ない、ライヴに先駆けたオリジナルアルバムをリリースする予定だ。
<公演名> 向谷 実 presents「East meets West 2018」
【福岡公演】
<日時> 2018年11月12日(月)19時開演(18時開場)
<会場> JR九州ホール
<問い合わせ> BEA 092‐712‐4211
【大阪公演】
<日時> 2018年11月14日(水)19時開演(18時開場)
<会場> 大阪メルパルクホール
<問い合わせ> サウンドクリエーター 06‐6357‐4400
【東京公演】
<日時> 2018年11月16日(金)19時開演(18時開場)
<会場> 東京国際フォーラム
<問い合わせ> ホットスタッフ・プロモーション 03‐5720‐9999
<チケット> 各8,000円(税込)
<発売日> 2018年7月28日(土)
<出演者> 向谷 実/ドン・グルーシン(キーボード)、エイブラハム・ラボリエル(ベース)、ポール・ジャクソン Jr.(ギター)、ハーヴィー・メイスン(ドラムス)ほか
<公式Facebook> https://www.facebook.com/East-meets-West-向谷実-Presents-444317582688204/

■鎌倉FM「ピュアサウンドナウミュージック」

 鎌倉FM(周波数82.8MHz)にて毎週水曜日PM9時(再放送:日曜日PM3時)より放送されている『ピュアサウンドナウミュージック』は、地元在住の本誌評論家・須藤一郎氏がプロデュースを受け持った音と音楽のためのプログラムで、今期のパーソナリティは、同じく地元鎌倉に在住の大橋伸太郎さん。
 LPを最新デジタル技術で録音・再生するコーナーは必聴の『ピュアサウンドナウミュージック』。FM放送は鎌倉市を中心とした一部地域のみの受信となるが、聴取が可能な方はぜひ一度チェックしていただきたい。また、J:COM鎌倉ケーブルテレビ経由(周波数79.4MHz)、もしくは鎌倉FMのホームページ(http://www.kamakurafm.co.jp)あるいはスマホ対応のTuneIn Radioよりインターネットでも聴くことができる。
<放送時間> 毎週水曜日PM9時〜10時(再放送:日曜日PM3時〜4時)
<問い合わせ> 鎌倉FM 0467‐25‐7000

HOME