パスカル・ドゥヴァイヨンのレッスンを紙上体験!

●『パスカル・ドゥヴァイヨンのショパン・エチュード作品25の作り方』
パスカル・ドゥヴァイヨン 著/村田理夏子 訳

 

ショパン・エチュードOp.25の各12曲を料理のレシピに見立て、その曲の特徴と具体的な練習方法を、ユーモアを交えて解説。


●『パスカル・ドゥヴァイヨンのショパン・エチュード作品10の作り方』
パスカル・ドゥヴァイヨン 著/村田理夏子 訳

 

ショパン・エチュードOp.10の各12曲を料理のレシピに見立て、その曲の特徴と具体的な練習方法を、ユーモアを交えて解説。


●『パスカル・ドゥヴァイヨンのピアノと仲良くなれるテクニック講座』
パスカル・ドゥヴァイヨン 著/村田理夏子 訳

 

適切な指使いの見つけ方/スタッカートやレガート奏法/装飾音や連打の奏法/音色・響き・ポリフォニーへの意識/テンポの捉え方/練習や暗譜の方法 etc… 

商品ラインナップfoot

 

パスカル・ドゥヴァイヨンのショパン・エチュード作品10&25の作り方

  • ショパン・エチュードOp.10とOp.25の練習のヒントが満載
    今,もっともレッスンを受けたいピアノ教師パスカル・ドゥヴァイヨンによる魅惑のレシピ!ショパン・エチュードOp.10とOp.25のおススメの練習法を教えます!
パスカル・ドゥヴァイヨンのショパン・エチュード作品10&25の作り方より
パスカル・ドゥヴァイヨンのショパン・エチュード作品10&25の作り方より

 

パスカル・ドゥヴァイヨンのピアノと仲良くなれるテクニック講座

     

    名教師ドゥヴァイヨンによる楽しい誌上レッスンで、ピアノの特性を生かしたテクニックを身につけましょう

     

    ◆ どうして同じメロディーなのに違って聴こえるの?
    ◆ “指のコンタクト”はなぜ大事?
    ◆ “密着を伴った打鍵”とは?
    ◆ 暗譜することで、さまざまなアイデアが浮かぶ!?
    ◆ “テンポ”と“緊張”はどう関係する?
    ◆ 指使いの検討はなるべく早い段階で?!
    ◆ “重さが生きている”ってどういうこと?
    etc...。

     

    ★ ページサンプルは、こちら(pdf形式)をご覧ください。

著者プロフィール

パスカル・ドゥヴァイヨン

パスカル・ドゥヴァイヨン (Pascal Devoyon)

1978年チャイコフスキー国際コンクールで、フランス人過去最高位の第2位を獲得し一躍世界に名を馳せる。カーネギーをはじめとする世界の主要なホールで、著名オーケストラはもちろん、C.デュトワ、T.ツィンマーマンなど第一線を行く演奏家と共演。近年、夫人村田理夏子とピアノ・デュオを組み本格的に活動を開始。リリースしたCDは「レコード芸術」特選、準特選を相次いで受賞。教育活動にも力をいれる。現在ベルリン芸大教授、英国王立音楽院客員教授、桐朋学園大学特任教授、Music Alpクールシュヴェール夏期国際音楽アカデミー芸術監督。フランス芸術文化勲章“シュヴァリエ”を受章。


村田理夏子

村田理夏子 (Rikako Murata)

東京藝術大学卒業。ドイツ政府給費留学生としてベルリン芸大に留学、P.ドゥヴァイヨンに師事。同大学を満場一致の最高点で首席卒業後、国家演奏家資格を取得。ポルト国際ピアノコンクール第三位。ベルリン・フィルハーモニーホールでは既に20回以上の協奏曲公演を行う。近年ドゥヴァイヨンとピアノ・デュオ活動を本格化。30歳という若さでベルリン芸大講師に就任。日本ではレッスン・シリーズ[Message From Berlin]を行う一方、2013年からは新企画[ドゥヴァイヨンズ・ヴィレッジ]を立ち上げ、今後レクチャーやマスタークラスなどを開催予定、活躍の幅を広げている。

HOME
JASRAC
JASRAC許諾番号:
9013065002Y38029
JASRAC
JASRAC許諾番号:
S1009152267