ショパンの本 DVD付

ショパンの本 DVD付

●〔ONTOMO MOOK〕ショパンの本 DVD付 ピアノの詩人〜そのすべてを探る

“ピアノの詩人”ショパンの魅力を1冊にまとめた。その生涯から作品、その名演奏家にいたるまですべてを網羅。シューマンやリストら、歴史的作曲家のショパン論も掲載。そして名演の多いショパンの録音の新旧名盤を取り上げる。巻末には特別企画として、今年行われる「ショパン・コンクール2015」を、現地ショパン音楽院の協力のもと総力事前特集。また、ショパンの全作品をその生涯年表とともに掲載。付録として、ショパンの生涯を映像とピアニスト高橋多佳子の演奏でたどるDVD付き。 [ご購入はこちら]

 

特典DVDの内容を↓でご視聴いただけます。

左下の再生ボタンをクリックすると、視聴用sampleムービーが再生されます。音がでますのでご注意ください。

【付録DVDの内容】

●Chapter 1
生誕〜天才少年時代(1810〜28)
「ポロネーズ第9番」変ロ長調 op.71-2

●Chapter 2
演奏旅行開始、そして祖国からの旅立ち。花の都、パリへ(1828〜31)
「マズルカ第5番」変ロ長調 op.7-1
「練習曲《革命》」ハ短調 op.10-12

●Chapter 3
−ピアノ演奏−
「ノクターン第2番」変ホ長調 op.9-2

●Chapter 4
華やかなパリでの生活(1831〜36)
《アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ》変ホ長調 op.22から〈アンダンテ・スピアナート〉
「ワルツ第1番《華麗なる大円舞曲》」変ホ長調 op.18から

●Chapter 5
ジョルジュ・サンドとの出会い、マヨルカ島への逃避行(1836〜39)
「バラード第1番」ト短調 op.23から
「前奏曲集」op.28から「第15番《雨だれ》」変ニ長調

●Chapter 6
パリとノアンのジョルジュ・サンドの別荘での暮らし、そして別れ(1839〜47)
「スケルツォ第2番」変ロ短調 op.31から
「バラード第3番」変イ長調 op.47から
「ポロネーズ第6番《英雄》」変イ長調 op.53から
「バラード第4番」ヘ短調 op.52から

●Chapter 7
−ピアノ演奏−
《舟歌》 嬰ヘ長調 op.60

●Chapter 8
ロンドン演奏旅行、そして死(1848〜49)
「マズルカ第49番」ヘ短調 op.68-4

●Chapter 9
エンドロール
「ピアノ協奏曲第2番」ヘ短調 op.21から「第2楽章」(高橋多佳子編)

●Chapter 10
ボーナストラック 高橋多佳子インタヴュー
ポロネーズ第13番 変イ長調 遺作

 

ピアノ=高橋多佳子(Piano=Takako Takahashi)
 桐朋学園大学卒業、国立ワルシャワ・ショパン音楽院研究科を最優秀で修了。1990年、第12回ショパン国際ピアノ・コンクール第5位入賞。第6回ポルト市国際コンクール第2位、第3回ラジヴィーウ国際コンクール第1位、第22回日本ショパン協会賞受賞。
 ソロ・リサイタルやオーケストラとの共演など、活発な演奏活動を展開。国立ワルシャワ・フィルをはじめ、国内では、新日フィル、日フィル、都響、東響、東フィル、神奈フィル、札響、山響、仙台フィル、群響、アンサンブル金沢、名古屋フィル、中部フィル、センチュリー響、PAC、広響、九響、をはじめとする数々の主要オーケストラと共演を重ねている。
 既に18枚のCDをリリースし、殊に「ショパンの旅路」、「ラフマニノフ:ピアノ・ソナタ 第2番&ムソルグスキー:展覧会の絵」、「リサイタル」は、「レコード芸術」誌上で狷蛋盤瓩箸覆襦2006年には、宮谷理香とのピアノデュオ・ユニット「Duo Grace」を結成。CD「グレイス」、「ストラヴィンスキー:ペトルーシュカ/サン=サーンス:動物の謝肉祭」も「レコード芸術」誌上で狷蛋盤瓩箸覆辰拭
 2010年からは「茂木大輔の生で聴く『のだめカンタービレ』の音楽会」全国ツアーに参加。2014年からは、リサイタルシリーズ「名曲達の饗宴」を始動。意欲的な活動で注目を集めている。

HOME
JASRAC
JASRAC許諾番号:
9013065002Y38029
JASRAC
JASRAC許諾番号:
S1009152267