『バイエルの謎』その後〜無自覚な音楽史

安田 寛(やすだ・ひろし)
1948年、山口県生まれ。国立音楽大学声楽科卒、同大学院修士課程で音楽美学を専攻。山口芸術短期大学助教授、弘前大学教育学部教授を経て、2001年より奈良教育大学教育学部教授。19世紀、20世紀の環太平洋地域の音楽文化の変遷について研究中。著書に、『唱歌と十字架』(音楽之友社、1993)、『日韓唱歌の源流』(音楽之友社、1999)、『原典による近代唱歌集成』(編集代表、CD30巻+楽譜+資料、ビクターエンタテイメント、2000)、『唱歌という奇跡 十二の物語』(文藝春秋、2003)、『日本の唱歌と太平洋の讃美歌──唱歌誕生はなぜ奇跡だったのか』(奈良教育大学ブックレット第2号、2008)、『バイエルの謎』(音楽之友社、2012)などがある。2001年に第27回放送文化基金賞番組部門個別分野「音響効果賞」、2005年に第35回日本童謡賞特別賞を受賞。奈良市在住。


安田 寛

小野 亮祐(おの・りょうすけ)
広島大学大学院博士課程修了。DAAD奨学生としてライプツィヒ大学音楽学専攻に留学。18世紀ドイツのベスト・ロングセラー教本『レーラインの鍵盤楽器教本』をめぐる博士論文により学位取得。2011年より北海道教育大学釧路校准教授。

小野 亮祐
新着記事

第17回
音楽史を見る虫眼鏡と刊行台帳

 ここに至る連載で、当時の周辺資料を参照しながら、教則本『バイエル』の価値について検討しなおし、続いてライプツィヒの音楽家や音楽的な状況を、同地を過ごしたバイエルの青年時代を通して見てきた。それは、とりもなおさず良く知っているつもりでいたロマン派前期のドイツの音楽状況を、従来の大作曲家の群像史とは異なる視点から再検討する作業でもあった。その結果見えてきたものは、われわれが知らずの知らずうちに当たり前と思っている「芸術音楽」や「教則本」と言う概念とは全く異なるコンテキストの中で教則本『バイエル』は生まれた、ということである。逆に言えば、われわれの常識は、どうやらバイエルの生きていたころにようやく成立しはじめたものらしい。どうしてだか、描かれる名探偵はいつも虫眼鏡を手にしている。この喩えでいうなら、われわれはバイエルを通して『バイエル』を再評価し、バイエルと彼の教則本と周辺の人々を逐一観察するための、虫眼鏡を手に入れたというわけである。神はまさに細部に宿るというではないか。

 虫眼鏡を手にした探偵よろしく、改めて細部を覗きながら、今回からは焦点を再びバイエルの「書いたもの」に当てることにし、さしあたっては教則本『バイエル』の「付録」であった「併用曲集」をこれから数回にわたって細かくみてゆくことにしたい。

 あの『バイエル』に「付録」などあったのか? と思われる読者もおられよう。しかし、その存在は『バイエルの謎』でもすでに紹介した通りである。ひょっとしたら、「付録」に何の意味があるのか、と思われるかもしれない。だが「付録」ではあっても、バイエルは付録と一体ではじめて『バイエル』のピアノ外蕕成り立つと考えていたはずである。日本には、メーソンというお雇い外国人を通じてボストンのニューイングランド音楽院が、付録のない本体だけを日本に送ったので、そのまま、付録は無視されるどころか、そんなものがあるとは知らないまま今日に至っている。というわけで、ここでも付録という細部にピントを合わせることで、何が見えてくるのか、興味津津というわけなのである。

 さて、付録がいったいどのようなものなのか? いつ、どれくらい出版されたのか、どんな曲が収められているのか、などなど細部とそれから組み立てることのできる全体像はいまだに謎のままである。そこで、まずはその細かい謎の解明から始めることにしよう。

◆ 3つの付録とそのタイトル

 現在、教則本『バイエル』の付録は3つ確認されている。まずはこれらの表紙とタイトルを押さえておこう。


(1)

(2)

(3)

(以上すべてベルリン国立図書館蔵)

 これらの表紙にはドイツ語でタイトルが書かれているのだが、それぞれもう一つ別の表紙が付けられていて、そちらには最初の表紙とほぼ同じ意味のフランス語タイトルが印刷されている。ドイツ語・フランス語併記であるのは、教則本『バイエル』の初版と同じである。これらの表紙を日本語に訳してみると次のようになる。

(1)メロディーブック。小さなレッスンでの若者のための人気のモチーフによる100の気晴らし曲、作品番号101bis.。『ピアノ演奏の予備教則本』(訳注:『バイエル』のこと)の付録として。

(2)メロディーブック第2巻。人気のモチーフに基づく教育的で段階的な小さなレッスンでの気晴らし曲。作品番号148.作品番号101bisの続編。

(3)メロディーブック第3巻。人気のモチーフに基づく教育的で段階的な小さなレッスンでの気晴らし曲。作品番号148bis.作品番号101bisの続編。

 どの付録も、主タイトル、副題、作品番号など、の順に表紙のタイトルが書かれている。

 いずれも主タイトルはメロディーブック(ドイツ語でMelodienbuch、フランス語表紙にはこれにあたる言葉はない)と題されている。続く副題には共通して、「気晴らし曲(ドイツ語Erholungen、フランス語Recreation)」、「人気のモチーフに基づく(ドイツ語:uber beliebte Motiv、フランス語sur des airs favoris)」という言葉が入っている。教則本『バイエル』がまじめな技能習得の練習曲集であるムチだとすると、こちらはお楽しみ曲によるアメとでも言いたいかのようだ。現代のピアノ教育でも頻繁に使用される教則本・練習曲集が生まれたのが19世紀であるが、そうだとするムチの世紀にはアメの誕生も必然だったのかもしれない。

 次に作品番号以下の記述を見てみよう。われわれの教則本『バイエル』は作品番号101だったのだが、(1)は「作品番号101bis.」と記されている。101についているbisという言葉についてはすでに『バイエルの謎』で述べられているが、原義としては2番目の、2倍の、という意味があり、101の続編、または姉妹編、のような意味だと考えていい。それに続いて「『ピアノ演奏の予備教則本』の付録(Als Anhang zu Vorschule im Klavierspiel)として」とはっきりと教則本『バイエル』の「付録」であることが明記されている。

 (2)は新たに作品番号148が付され、(3)は作品番号148bis.とされている。しかし、両方とも最後には「作品番号101bisの新たな続編Neue Folge von Op. 101bis.」とされて、(1)からの続編であることが記されていることから、やはり『バイエル』の付録であることが意識されていることがわかる。

◆ ショット社の刊行台帳

 それでは、これらの付録はいつ出版されたのであろうか? そして『バイエル』の出版との出版時期の関係がどうなっているのかが気になるところだ。このちょっとした謎の解明に欠かせないのが、『バイエル原点探訪』においておそらく日本で初めて使われた、ショット社の『刊行台帳Druckbuch』である。

 そこには、一八三二年以降、ショット社から出版された出版物の印刷日(版が重ねられた場合は、それらがすべて書かれている)とその印刷・発行部数が事細かに手書きで記されている。これまではマインツまで出かけなければ見ることのできなかったショット社の内部資料である。それが今ではネットで公開されて、誰でも見ることができるようになった。大手の楽譜出版社の刊行台帳がネットで公開されるなんて、日本では考えられないことだ。それだけにショット社の『刊行台帳Druckbuch』は、音楽史の細かい実態を調べ上げるには、第1級の史料なのである。ワーグナーなどのそうそうたる大作曲家の生前の刊行物なども、その出版状況がどうであったのか、どれくらい売れたのかがリアルにわかる史料である。そして、今知りたい続編についても、出版元であったショット社『刊行台帳』に詳細に掲載されているのである。まさに出版物の履歴書であるが、いずれ詳細な分析をすることにして、今回はとりあえず概略のみ見ておこう。

◆ 「付録」と『バイエル』との関係

 刊行台帳に虫眼鏡を当てて、3つの「付録」の初版出版年月日をざっと以下に挙げてみた。

(1)Op.101bis:1850年11月19日
(2)Op.148:1864年6月18日
(3)Op.148bis:1865年1月2日

 同じ刊行台帳によって『バイエル』の初版が1850年8月30日に出版されていることはすでに『バイエル原典探訪』で確認されているので、Op.101bisは『バイエル』が出版されてから三ヶ月弱の出版であったことが分かる。

 ところが、あとの2冊は『バイエル』と続編からなんと14年ほどもたってからの出版となっている。ただ、この2冊に限ってみると出版時期のずれがほぼ半年しかない。そのことからすると、2冊の出版計画自体は、ほぼ同時にしかもセットとして意図されたようにうかがえる。

 では、なぜ14年もたってからこの2冊が計画され、出版されたのだろうか? 残念ながら出版時の詳細なやり取りを示す文書は確認されていないので、それを知ることができない。しかし、(1)の『メロディーブック』は『バイエル』の初版出版年月日との近さからから言って、まさにこの2つでセットとして計画をされたと考えて間違いないだろう。「付録」(1) は後から付け足したものではなく、正に、『バイエル』と一体のものとして考えられていた。

 これ対してあとの2冊は、教則本『バイエル』の出版から14年もたってからの出版であることを考えると、『バイエル』の出版の時点では念頭になかった、もしも、あったとしてもまだはっきりと計画されたものではなかったのであろう。さらに、続編であることを明記しながらも、作品番号をわざわざ変えて出版していることも気になるところ。(2)・(3)と(1)・教則本『バイエル』との間にはどこか距離感があり、その隙間に何らかの裏事情があったことを感じさせる。

 それはさておき、『バイエルの謎』では(1)の『メロディーブック』にはわれわれにおなじみの民謡(ローレライなど)が含まれていたことが明らかにされている。


ローレライ

 われわれ日本人は『バイエル』をよく知っているつもりでも、それに続編があったことはあまり知らない。しかし、続編には、日本人が昔から親しんできた楽曲が数々入っている点には、まだまだ『バイエル』と日本人との間に奇しき縁があると思えてならない。ローレライも含め、次回は、日本人がまだ一度も弾いたことにない(1)の曲集の、100曲の全容をまずはじっくり覗いてみることにしよう。

ご紹介した本
バイエル・ピアノ教則本
New Edition 「やさしい楽典」付

バイエル・ピアノ教則本 New Edition 「やさしい楽典」付
伊藤康英 編

教師・保育士をめざす方、大人の初心者や独習者にも、ピアノを弾く基本を学べるように工夫。巻頭に「楽譜の読み方」の解説を設け、わかりやすく楽典の手ほどきをした。各曲はすべて版を新たに作成し、大変みやすくなった。巻末には、併用曲を収録。童謡やマーチ、クラシックの名曲など、教育現場、保育現場でよく用いられている曲を選曲。本文と技術内容もそろえて、たのしく新鮮な響きに編曲している。

バイエルの謎 日本文化になったピアノ教則本

バイエルの謎 日本文化になったピアノ教則本
安田寛 著

世界的ベストセラーとして、出版されてから160年間ロングセラーを続けているバイエル・ピアノ教本。挫折した人も音大に進んだ人も、子どもの頃から慣れ親しんだ教則本だが、90年代から「バイエルを使っているのは日本だけ」等、バイエルのピアノ教則本としての信頼性が取りざたされるようになった。いきなり悪者になってしまったバイエル。しかし、いまだにピアノや音楽を超えて、教則本・入門・初歩・基礎・幼児・初学者・楽しく学べる・効果がある・自習できるといった意味を伴って使われ続けているのだ。バイエル(教則本)は、ひろく一般読者に訴える日本の文化の一つともいえる。ドイツにわたり、作者バイエル本人を探しドキュメンタリータッチで書かれた世界でも初めてのバイエル研究。

『バイエル』原典探訪

『バイエル』原典探訪 知られざる自筆譜・初版譜の諸相
安田寛 監修/小野亮祐、多田純一、長尾智絵 著

ピアノ楽譜の中で日本で最も有名とも言われる『バイエル ピアノ教則本』だが、この楽譜のオリジナルの姿は、全く知られていない。初心者用ピアノ教本の中で最多の売上と影響力を誇り、出版各社から数多くの同工異曲版が発行されているにもかかわらず、実はそれらはオリジナルの姿と異なり、イラストや併用曲が加えられ、楽典が書き換えられ、肝心の楽譜も「初版」ではない資料にもとづいて作られて、スラーやアーティキュレーションが変更されている。
本書は1850年に発行された『バイエル』の〈初版〉を日本で初めて明らかにするとともに、取材過程で発見された自筆譜をはじめとする様々な情報──初版の発行部数や海外版の発行年、さらには自筆譜との差異を紹介し、日本のピアノ教育界が最も強く深く影響を受けてきた『バイエル』の本来の姿を探る。
『バイエル』は本国で刊行後ベストセラーとなり、すぐさま各国語に翻訳されて国際的に広まり日本にももたらされた。そのオリジナルの姿を知ることは、私達の先祖がどのように西洋音楽を受け入れたかを考える重要な手がかりとなるはずである。


HOME
JASRAC
JASRAC許諾番号:
9013065002Y38029
JASRAC
JASRAC許諾番号:
S1009152267