ウィーン原典版


ウィーン原典版は、第一線の音楽学者と名演奏家の 共同作業から生まれた、理想的な楽譜です。

ユニヴァーサル・エディション(ウィーン)、ショット(マインツ)、音楽之友社が提携し、1973年より 日本語版の刊行を続けてきたウィーン原典版は、 21世紀に入ってなお、最も信頼される楽譜です。

作曲家の自筆譜や筆写譜、初版本、版下などを比較検討し、確実な出典に基づいて校訂・編集され、アシュケナージやエッシェンバッハ、クレーメル、ゲルバー、ブレンデルといった世界的な演奏家が、運指や解説を加えています。

たんに正確なだけではなく、作曲家の意図がより深く理解でき、演奏に適した楽譜、それがウィーン原典版です。

最新刊

チャイコフスキー 子供のアルバム 作品39
シューベルト 即興曲 作品90(D899)新版

ライジンガー 校註/レヴィン 演奏のためのヒント/バドゥラ=スコダ 運指

 

フランツ・シューベルトは、《即興曲》を全部で8曲残しているが、本曲集の《即興曲》(作品90)は、その最初のシリーズにあたる。全4曲からなり、1827年の半ば頃に書かれたと推測されている。「即興曲」というタイトルにかんして、「とっさの思い付きで作られた」即興的な性質は、はっきりとした構造をもつシューベルトの即興曲には当てはまらない。「作品90の第2〜4番では、いずれも建築学的にはっきりとした構造が支配し、最後にコーダがつく場合もある」(「序言」より)。編纂にあたり、本版ではシューベルトの自筆譜を主要資料としている。諸資料による違いの詳細は、巻末の「批判的注解」に示されている。「演奏のためのヒント」では、アーティキュレーションや強弱、付点リズムやペダルなどについて言及しているため、実際の演奏に役立つであろう。



HOME