舘野泉 左手のピアノ・シリーズ

舘野泉

舘野泉

1936年 東京生まれ。
1960年 東京藝術大学首席卒業。1964年よりヘルシンキ在住。1968年メシアン・コンクール第2位。世界各国で行った演奏会は3500回を超え、世界中の聴衆から熱い支持を得る。
2002年 脳出血により右半身不随となるが、2004年「左手のピアニスト」として復帰。
2002年 左手作品の充実を図るために「舘野泉左手の文庫(募金)」を設立。
2010年 演奏生活50周年を迎える。
2012年 ウィーン、ハンガリー、フランス、エストニア、ヘルシンキ、モンゴル、ベルリンで海外公演を行う。左手ピアノ音楽の集大成「舘野泉フェスティヴァル〜左手の音楽祭2012-2013」は、全16回公演で独奏曲から室内楽作品の数々を紹介し、最終回は自身に奉げられた3つのピアノ協奏曲をプログラムにして全国ツアーで完結。
2014年 ベルリン・フィルハーモニー・カンマザールでのリサイタルは全聴衆総立ちのスタンディング・オーベーションで讃えられた。
舘野泉オフィシャル・ホームページ http://www.izumi-tateno.com

最新刊

サムライ

1枚の紙と5本のペン ピアノ(左手)のために池辺晋一郎 作曲

舘野泉の委嘱により2017年に作曲。演奏時間は約7分。曲名の「1枚の紙」はひとつの掌、「5本のペン」は片手の指を表す。「舘野泉さんという稀有なピアニストの存在自体が発想になった。「2枚の紙と10本の指」ではないことこそが、この曲のモチヴェイションだ。掌と指の描写などでないことは言うまでもない。むしろ絶対音楽的なタイトルである。」(作曲者解説より)


サムライ

アイスランドの風景 ピアノ(左手)のためにソールデュル・マグヌッソン 作曲

舘野泉の委嘱により2013年に作曲。アイスランドの自然のある場所、気分に触発されて書いた、5楽章からなる組曲。それぞれに情景豊かなタイトルが付く。アイスランド人の作曲者に人生を通してきわめて強い印象を与え、懐かしい思い出として心に鮮明に残る自然への感情を、5つの曲の中に見事に表現している。CD「舘野泉サムライ/海鳴り」(エイベックス、AVCL25870)


ラインナップ


HOME