Stereo 2019年5月号
今月号

Stereo 2019年5月号

平成オーディオ史〜激動の30年を辿る〜

【特別定価】¥1,200 (税込)
【判型】B5
【発行】2019年4月
【商品コード】051905
購入する

【Stereo 2019年5月号】ご購入の方法について

全国の書店、もしくは以下のネットショッピングよりご購入いただけます。
オンラインで購入される場合は、下記リンクから各ショップの購入ページにお進みください。

楽天ブックスで購入 セブンネットで購入 ヤマハWeb Shopで購入

※ショッピングサイトによって、在庫の無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※同一ショッピングサイトのカートにまとめて、複数の商品を同時に購入することも可能です
※詳しい購入方法は、各ショッピングサイトにてご確認ください。

■「アナログオーディオフェア2019」のご案内

 アナログ再生をテーマにした恒例イベント「アナログオーディオフェア2019」が、来る5月18日(土)・19日(日)に開催される。
 アナログレコードの魅力を多くの人に知ってもらいたい!! アナログ回帰を単なる一過性のブーム終わらせたくない!! そんな思いで始まった本イベントも、節目となる5回目の開催。今年は5月に開催日を変更し、更なるアナログオーディオの魅力の追求、評論家を招いた数々の講演、物販ブースの拡充、そして藤田恵美さんをお招きしたライヴ&トークショー等々、充実のプログラムで皆様の来場をお待ちしている。
<イベント名>「アナログオーディオフェア2019」
<日時> 2019年5月18日(土)12時〜19時、19日(日)10時〜18時
<会場> 秋葉原・損保会館(千代田区神田淡路町2‐9)【入場無料】
<アクセス> JR秋葉原駅電気街口/御茶ノ水駅聖橋口より徒歩5分
◇スペシャルイベント
【5月18日(土)】
『注目のMCカートリッジ比較試聴』(12時30分〜14時)〔音元出版主催〕 <講師> 鈴木 裕氏
『連載ヴィニジャン出張 針交換で拡がるMMカートリッジの宇宙』(15時〜16時30分)〔音楽之友社主催〕 <講師> 田中伊佐資氏
【5月19日(日)】
『拘りの真空管アンプ&バリレラ・カートリッジでドーナッツ盤、モノラールLP・SPを聴く』(10時30分〜12時)〔誠文堂新光社主催〕 <講師> 柳沢正史氏 <ゲスト> 瀬戸カオリ氏
『ハイエンド・カートリッジの魅力をいま注目の真空管アンプで聴く』(13時30分〜15時)〔ステレオサウンド「管球王国」主催〕 <講師> 三浦孝仁氏
『藤田恵美 ライヴ&トークショー』(16時〜17時30分)
<ホームページ> http://analog-audio-fair.com

■アユート 香港・Acoustune製品取扱い開始のご案内

 螢▲罅璽箸蓮香港のイヤフォンメーカー“Acoustune”について、国内における総輸入代理店契約を締結し、2019年4月1日(月)より取扱い製品の販売およびユーザーサポート業務を開始。併せて、第1弾モデルとなるダイナミック型イヤフォン3モデルを発表した。
 Acoustune社は、2013年香港にて創業。人工皮膚や手術縫合糸などにも使われる、医療グレードのポリマーバイオマテリアルを振動版に採用した“ミリンクスドライバー”により、従来のダイナミック型イヤフォンを凌駕する高解像度と豊かなサウンドステージを実現する。
 この度発売された「HS1551CU」は第3世代、また「HS1670SS/HS1650CU」には振動膜のテクスチャー、コイル、マグネット、チューニングプロセスの全てを刷新した第4世代ミリンクスドライバーを採用。これを、音響部分と機構部分を分離した“モジュラーメタルボディ”に格納することで相互干渉による音質劣化を抑制し、さらに高い応答性を獲得した。
 なお、HS1551CU/HS1650CUは、音響チャンバー部にブラス、ハウジング部に銅を採用。HS1670SSは、ともにステンレススチールを使用している。
 ケーブルはいずれも脱着可能で、MMCX端子を搭載。HS1600シリーズは、シルバーコート銅線と極細OFC線による2重ツイスト構造のハイブリッドケーブルが、HS1500シリーズには、OFCワイヤーケーブルが同梱される。
 また、交換用アクセサリーとしてARCケーブルやAETイヤーピースなども発売された。詳細は公式サイトにてご確認いただきたい。
<商品名> ダイナミック型イヤフォン「HS1670SS」
<価格> オープン
<商品名> ダイナミック型イヤフォン「HS1650CU」
<価格> オープン
<商品名> ダイナミック型イヤフォン「HS1551CU」
<価格> オープン
<発売日> 2019年4月1日(月)
<問い合わせ> 螢▲罅璽 サポートフォーム https://www.aiuto-jp.co.jp/contact/support.php
<ホームページ> https://www.aiuto-jp.co.jp/acoustune/

■DALI スピーカーケーブルプレゼントキャンペーン

 螢妊ーアンドエムホールディングスは、DALI「RUBICON 6」または「OPTICON 6」(各色)をペアでご購入の上、ご応募いただいた方全員に、KIMBER KABLE製スピーカーケーブルをプレゼントするキャンペーンを実施中だ。
<名称> DALI「RUBICON 6/OPTICON 6」スピーカーケーブルプレゼントキャンペーン
<期間> 2019年3月29日(金)〜6月2日(日)ご購入分
※応募締切り:2019年6月20日(木)まで有効となります。
<対象製品/プレゼント品>
◎DALI「RUBICON 6」→ KIMBER KABLE社 スピーカーケーブル「8TC」(バイワイヤー仕様/約85,000円相当)
◎DALI「OPTICON 6」→ KIMBER KABLE社 スピーカーケーブル「8VS」(バイワイヤー仕様/約45,000円相当)
<応募方法> ウェブサイト内の応募フォームに必要事項をご記入(併せて専用アンケートにご回答)いただき、‖仂歙宿覆諒歉攴顱↓△換愼時の領収書/レシートの画像をアップロードの上、ご応募ください。
※対象製品1ペアご購入につき1回の応募とさせていただきます。
※プレゼントの発送は、応募受付の約3週間後を予定しております。
<問い合わせ> 螢妊ーアンドエムホールディングス 044‐670‐6610(受付:10時〜17時30分/土日祝除く)
<ホームページ> http://dm-importaudio.jp/dali/rbop-cp/

■MYTEK Digital フォノプリアンプカード

 螢┘潺薀い蓮MYTEK Digital社のDAコンバーター用オプションカード「高精度PHONOアナログプリアンプカード」を、2019年3月8日(金)より発売した。
 本製品は、Manhattan DAC IIにフォノ入力機能を付加する専用オプションカード。カスタム仕様ニッケルコア昇圧トランスを搭載した高性能フォノプリアンプ回路(MM/MC対応)を採用し、本体やリモコンから、入力インピーダンス/昇圧比/RIAAカーブ/ゲイン選択の切り替えや調整が可能となる。
 なお、取り付けはエミライにて行なうため単品販売はなく、オーディオ専門店を通しての注文が必要となるので、ご注意いただきたい。
<商品名>「高精度PHONOアナログプリアンプカード」
<価格> 178,800円+税
<発売日> 2019年3月8日(金)
<問い合わせ> MYTEK Digital 問い合わせフォーム https://www.mytekdigital.jp/contact/
<ホームページ> https://www.mytekdigital.jp

■Dan D'Agostino MOMENTUMシリーズ SPRINGアップグレード

 アクシス蠅蓮Dan D'Agostinoブランド誕生から10年目の春を迎えた今年、MOMENTUMシリーズのモノラルパワーアンプ「M300」から「M400」へ、またステレオパワーアンプ「S200」から「S250」へのアップグレードを、特別価格にて提供する「SPRING アップグレードキャンペーン」を展開中だ。
<名称> MOMENTUM「SPRINGアップグレードキャンペーン」
<期間> 2019年3月5日(火)〜5月31日(金)お申込み分
<対象製品/キャンペーン特別価格>
◎MOMENTUM「M300」→「M400」……250万円
◎MOMENTUM「S200」→「S250」……140万円
※いずれも税別(工賃および本国への往復航空運賃等を含む/国内送料片道分はアクシスが負担)
<主なアップグレード内容>
◎トランスフォーマー、パワーサプライボード、ドライバー/出力ボード、メーターフェースを上位モデルと同一のものに全面交換(ヒートシンクを含む外装は変更なし)
◎各部の整備点検/動作試験/調整/特性チェックを併せて実施
※アップグレードは、米・アリゾナ州の自社工場にて行ないます。
<お申し込み> Dan D'Agostino製品取扱販売店にて承ります。ご注文の際は、お手持ちモデル本体のシリアル番号をお知らせください。
<保証について> アップグレード後は、返却日から起算して2年間の新保証期間が適用されます。
<問い合わせ> アクシス蝓´03‐5410‐0071
<ホームページ> http://www.axiss.co.jp

■Ayre Acoustics リファレンスアンプスペシャルアップグレード

 アクシス蠅蓮Ayre Acoustics社製リファレンスアンプ「KX-R/MX-R/VX-R」から、回路を一新した最先端モデル「KX-R Twenty/MX-R Twenty/VX-R Twenty」へのアップグレードを、期間限定で通常よりもお得な特別価格にて提供する「スペシャルアップグレード・キャンペーン」を展開中だ。
<名称> Ayre「スペシャルアップグレード・キャンペーン」
<期間> 2019年3月12日(火)〜5月31日(金)お申込み分
<対象製品/キャンペーン特別価格>
◎プリアンプ「KX-R」→「KX-R Twenty」…115万円
◎パワーアンプ「MX-R」→「MX-R Twenty」…135万円
◎パワーアンプ「VX-R」→「VX-R Twenty」…100万円
※いずれも税別(工賃を含む/国内送料片道分はアクシスが負担)
<主なアップグレード内容>
【KX-R Twenty】
◎オーディオモジュール〔L/Rの両チャンネル:フロントエンド/ゲインステージ/出力ステージ〕を、Twenty仕様の新ボードに交換
※ゲインステージのカレントミラー回路のオプティマイズ等を含む
◎新ロジック&FLサーキットボード(ノイズレス新ディスプレー点灯回路と“フライバイワイヤー”コントロールシステムを搭載)に交換
◎各部整備点検/動作試験/調整/特性チェックを併せて実施
【MX-R Twenty/VX-R Twenty】
◎メインサーキットボード〔フロントエンド/ゲインステージ/ドライバーステージ/出力ステージ〕を、Twenty仕様の新ボードに交換
◎各部整備点検/動作試験/調整/特性チェックを併せて実施
<お申し込み> Ayre Acoustic製品 取扱販売店にて承ります。ご注文の際は、お手持ちモデル本体のシリアル番号をお知らせください。
<保証について> アップグレード後は、完了日から起算して3年間の新保証期間が適用されます。
<問い合わせ> アクシス蝓´03‐5410‐0071
<ホームページ> http://www.axiss.co.jp

■クリプトン “漆”スピーカーシステム価格改定のご案内

 螢リプトンは、同社オンラインストアにて販売する、伝統技術“漆塗り”を取り入れたスピーカーシステム「KX-0.5UR/UB」について、2019年3月15日(金)より価格改定を実施した。
 本製品は、漆匠・加陽舗「能作」製の漆塗りエンクロージュアと、誉田屋源兵衛製の西陣織による絹サランネットを採用したスピーカーシステム。漆は植物性塗料のため、木製エンクロージュアと親和性が高く、透過性のよい正絹サランネットとの組み合わせにより、芳醇でありながら解像度やS/N感のよい音楽再生が楽しめる。ラインアップは朱塗り(KX-0.5UR)と溜塗り(KX-0.5UB)の2タイプ。
 今回、“漆塗り”を高価な工芸品としてだけでなく、工業製品としても広く活用してもらいたいという産地の願いと、音質に驚くほどの改善効果を見せる漆を使った商品を広く普及させたいという同社の思いが合致し、双方の協力により低価格化を実現した。引き続き、同社オンラインストアのみの取扱いとなる。
<商品名> “漆”スピーカーシステム「KX-0.5UR」(朱塗り)
<改定価格> 298,000円+税
<商品名> “漆”スピーカーシステム「KX-0.5UB」(溜塗り)
<改定価格> 298,000円+税
※旧価格はともに40万円+税となります。
<改定日> 2019年3月15日(金)
<問い合わせ> 螢リプトン 03‐3353‐5017
<オンラインストア> http://www.kripton.jp

■トップウイング デモ機貸出しサービス対象製品追加のご案内

 トップウイングサイバーサウンドグループは、一般ユーザー向けデモ機貸出しサービスについて、対象モデルとしてiFI-Audio「Pro iDSD」を追加したことを発表した。
 本サービスは、同社のサポート&広報を担当するENZO j-Fi LLC社がデモ機の貸出しを行なうもの。貸出し期間は7日間で、当該モデルはMQAのフルデコーディング&レンダリングに対応した、最新版ファームウェア適用済み製品となる。
<貸出しサービス新規対象製品>
◎iFI-Audio「Pro iDSD」
<開始日> 2019年3月15日(金)
<ホームページ> https://enzojfi.co.jp/DemoContact.html

■怪優・右近健一 生誕50周年記念本で語る役者人生と訳詞の世界

 男も女も、人も魔物も、境を超越して自在に演じる「劇団☆新感線」の“歌う怪優”右近健一。その役者人生をたどる、生誕50周年を記念した自著『ザ・右近健一 劇団☆新感線の怪優:役者人生と訳詞の世界』が、螢轡鵐魁璽潺紂璽献奪・エンタテイメントより、2019年2月21日(木)に発売された。
 1968年、愛媛県松山市で生を受けた右近健一。オリジナリティを育んだ少年時代から、役者への道を歩む過程、そして、劇団☆新感線との運命的な出会いとそこでの活動など、これまでの“人生50年”を振り返って語る言葉には、「人と違っていても大丈夫」と悩める者の背中を押してくれる、あたたかくも強い力のこもった金言至言が満載!
 また、同劇団の音楽部部長として音楽セクションの演出等を手がけながら、著者が新たなライフワークとして取り組んでいる“訳詞”レパートリーから、「愛の讃歌」「バラ色の人生」「枯葉」「マイ・ウェイ(フランク・シナトラ)」「プリーズ・プリーズ・ミー(ビートルズ)」「オネスティ(ビリー・ジョエル)」など61曲を抜粋し掲載。“元々の意味”に寄り添った日本語で綴った訳詞についての思いにも触れるなど、個性派俳優の豊かな感性に彩られた独特な世界に迫る一冊となっている。
<名称>『ザ・右近健一 劇団☆新感線の怪優:役者人生と訳詞の世界』
<著者> 右近健一
<価格> 1,600円+税
<サイズ> A5判
<ページ数> 200ページ
<発売日> 2019年2月21日(木)
<問い合わせ> 螢轡鵐魁璽潺紂璽献奪・エンタテイメント 03‐3295‐4191
<ホームページ> https://www.shinko-music.co.jp

■キュリオム コンデンサー充電池搭載手回し充電テレビ/ラジオ

 蟷柿韻蓮同社のオーディオブランド“Qriom(キュリオム)”から、コンデンサー充電池の搭載により10年保管できる、手回し充電テレビ+ラジオ「YTM‐RTV200」および手回し充電ラジオ「YTM‐R100」を、全国家電量販店、同社オンライストアなどで、2019年3月中旬より順次発売した。
 本製品は、電源が確保出来ない時や電池が切れている時に、本体のハンドルを回すことで、スマートフォンや携帯電話の充電が可能なテレビ/ラジオ。本体充電池には、信頼性の高いコンデンサー充電池を採用。ニッケル水素やリチウム充電池と比較して長期保管に強く、約10年の保管後でも手回し充電をすれば使用できる。あらゆる使用シーンを想定しており、手回し充電のほか、単3形乾電池×3本、AC電源、モバイルバッテリーでも充電が可能だ。
 なお、手回し充電による動作時間の目安としては、約7分間(1分あたり約150回転)の手回し充電を行なった場合、スマートフォンで約25分の連続通話、約150分の連続待ち受けが可能となっている。
 RTV200のテレビは、ワンセグに対応。ラジオはAM/FMが切り替えられ、AM放送が聴きにくい地域でもFM補完放送によりAM放送が聴ける「ワイドFM」にも対応する。また、本体はほこりや水の飛沫等から内部を保護する防じん・防水対応で、災害時に自身の居場所を知らせるサイレン、停電時に役立つLEDライトを装備している。
<商品名> 手回し充電テレビ+ラジオ「YTM‐RTV200」
<価格> オープン
<商品名> 手回し充電ラジオ「YTM‐R100」
<価格> オープン
<発売日> 2019年3月中旬
<問い合わせ> キュリオムサポートセンター 0570‐00‐9106(受付:平日10時〜17時30分)
<ホームページ> https://www.yamazen.co.jp/yamazenbook/

■arte アナログレコード用クリーニングマット

 エスカートは、arteブランドより、アナログレコード用アクセサリーの新製品として「レコードクリーニングマット」を、2019年3月12日(火)より発売した。
 本製品は、クリーニングを行なう際にアナログレコードの下に置いて使用する、帯電防止仕様のクリーニングマット。柔らかく滑りにくい素材を採用しており、盤面を傷つけずに優しくレコードを保持することができる。サイズは320×320ミリで、LPにも対応している。
 なお、クリーニングマットの新発売を記念して、レコードのお手入れに最適なアクセサリーに同製品を付属したセットを、お得な価格で提供するキャンペーンを実施中だ。
<商品名> arte「レコードクリーニングマット」
<価格> オープン
<発売日> 2019年3月12日(火)
◇arteレコードクリーニングアクセサリーキャンペーン第3弾
 クリーニング液やブラシ、クロスなどのアクセサリーに新発売のクリーニングマットを付属し、マット分が無料となる特別価格のキャンペーンセットを限定数発売します。
<内容物> クリーニングマット/クリーニング液/仕上げ液/クリーニングブラシ/クリーニングクロス
<限定数> 100セット
<価格> オープン
<問い合わせ> エスカート 047‐712‐6416
<ホームページ> https://www.escart.jp/products/arte/

■MQA 日本語版公式サイト公開のお知らせ

 英MQAは、MQAテクノロジーやその対応機器、MQA‐CDなどについて解説した日本語版公式サイト『MQA Japan』を、2019年3月下旬より公開した。
 MQAは、スタジオで録音されたマスタークオリティをありのまま再現できるコーディング技術。音楽のディテール、特に時間軸解像度にダメージを与えない高音質化技術を採用することで、従来のデジタルフィルターによる音質劣化(=時間軸情報の劣化)を抑えナチュラルな音を再現する。さらに、“オーディオ折り紙”といわれる方法で、情報量を持つハイレゾ音声ファイルを、CD並のコンパクトサイズにロスレスで圧縮することが可能となった。
 ファイルサイズが小さくなることで、楽曲のストリーミング/ダウンロード時間もオリジナル音源に比べて大幅に短縮され、ハイレゾ音楽配信サービスとの親和性が飛躍的に高まったほか、ユニバーサルなど世界の音楽レーベルがMQAデータを収録した「MQA‐CD」の発売を開始し、自宅の本格オーディオからスマートフォンや携帯オーディオプレーヤーまで、ハイレゾ音源が手軽に楽しめるようになり、MQAは新たな音楽の可能性を広げている。
 同社では、今後も日本でのMQAパートナーや代理店などをフォローしつつ、互いにMQAの周知やビジネス展開にも役立つようなサイトに育てていきたいとしている。
<サイト名>『MQA Japan』
<主なコンテンツ> MQAについて/MQAを体験するには/MQAのしくみ/ニュース ほか
<公開日> 2019年3月下旬
<ホームページ> https://mqa.jp

■鎌倉FM「ピュアサウンドナウミュージック」

 鎌倉FM(周波数82.8MHz)にて毎週水曜日PM9時(再放送:日曜日PM3時)より放送されている『ピュアサウンドナウミュージック』は、地元在住の本誌評論家・須藤一郎氏がプロデュースを受け持った音と音楽のためのプログラムで、今期のパーソナリティは、同じく地元鎌倉に在住の大橋伸太郎さん。LPを最新デジタル技術で録音・再生するコーナーは必聴の『ピュアサウンドナウミュージック』。FM放送は鎌倉市を中心とした一部地域のみの受信となるが、聴取が可能な方はぜひ一度チェックしていただきたい。また、J:COM鎌倉ケーブルテレビ経由(周波数79.4MHz)、もしくは鎌倉FMのホームページ(http://www.kamakurafm.co.jp)あるいはスマホ対応のTuneIn Radioよりインターネットでも聴くことができる。
<放送時間> 毎週水曜日PM9時〜10時(再放送:日曜日PM3時〜4時)
<問い合わせ> 鎌倉FM 0467‐25‐7000

HOME