Stereo 2019年2月号
今月号

Stereo 2019年2月号

〈声〉〜魅惑の〈声〉ディスク

沖縄オーディオ見聞録

【定価】¥972 (税込)
【判型】B5
【発行】2019年1月
【商品コード】051902
購入する

【Stereo 2019年2月号】ご購入の方法について

全国の書店、もしくは以下のネットショッピングよりご購入いただけます。
オンラインで購入される場合は、下記リンクから各ショップの購入ページにお進みください。

楽天ブックスで購入 セブンネットで購入 ヤマハWeb Shopで購入

※ショッピングサイトによって、在庫の無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※同一ショッピングサイトのカートにまとめて、複数の商品を同時に購入することも可能です
※詳しい購入方法は、各ショッピングサイトにてご確認ください。

■第9回自作スピーカーコンテスト 作品展示&試聴会・授賞式

 MOOK「これならできる 特選スピーカーユニット マークオーディオ編」(音楽之友社刊)の付録マークオーディオ製8僖侫襯譽鵐検Ε好圈璽ーユニットをレギュレーションに、第9回目となる本誌主催の自作スピーカーコンテストが、ただ今第一次審査進行中だ。全ての審査を終えた後の2月23日(土)、東京・神楽坂の音楽の友ホールにて、作品展示&試聴会・授賞式を開催。来場は自由なので、皆様お誘い合わせの上、ぜひご来場いただきたい。
<日時> 2019年2月23日(土)12時30分〜18時00分(予定)
<会場> 音楽之友社 音楽の友ホール(東京都新宿区神楽坂6‐30)
<アクセス> 東京メトロ東西線「神楽坂」駅1番出口より徒歩約1分
<タイムスケジュール> 未定 ※最終審査参加作品、協賛各社の出展は常時展示いたします。
<作品規定> ◎MOOK「これならできる 特選スピーカーユニット マークオーディオ編」の付録であるマークオーディオ製8僖侫襯譽鵐検Ε好圈璽ーユニットのみを使用
◎エンクロージュアの高さ・幅・奥行きそれぞれが100儖焚次∩軆杜30kg以下のもの
<募集部門/表彰内容(予定)>
◎匠部門=本誌主催自作スピーカーコンテスト/付録ユニットによる自作スピーカーコンテスト(〜2013年)において受賞歴がある方の作品。および、自作スピーカーコンテスト一般部門(2014〜17年)にて第1位を受賞した方の作品:テクニカルマスター賞
◎一般部門=匠部門に該当しない方の作品(右記コンテストで受賞時に中学生以下だった方の作品を含む):第1位/第2位/第3位/他
<審査員> 石田善之、須藤一郎、生形三郎、中島紀夫(フィディリティムサウンド) ※敬称略
<協賛> 池田工業株式会社、共立電子産業株式会社 ほか(予定)
<ホームページ> https://www.ongakunotomo.co.jp

■Campfire Audio 新フラッグシップハイブリッド型イヤフォン

 ミックスウェーブ蠅蓮∧謄檗璽肇薀鵐匹Campfire Audioより、同社の音響技術を結集した新フラッグシップとなるハイブリッド型イヤフォン「SOLARIS」を、2018年12月19日(水)より発売した。
 本製品は、バランスドアーマチュア型(高域×2/中域×1)とダイナミック型のドライバーを搭載したハイブリッド型イヤフォン。BA型ドライバーには「Tuned Acoustic Expansion Chamber(T.A.E.C)」を採用することで、高周波域のレスポンスを向上。併せて、大口径リアポート設計により、歪みが少ない正確なミッドレンジを再現する。
 一方のダイナミック型ドライバーは、特別チューニングを施した直径10mmの「A.D.L.Cコーテッドドライバー」を搭載。独自技術「Polarity Tuned Chamber」との組み合わせにより、音響特性を正確に制御し、ドライバー本来のパフォーマンスを引き出すことを可能としている。
 フラッグシップに相応しいデザインも追求しており、ガンメタPVD処理のアルミボディに、24K仕上げのフェイスプレートを採用。ケーブルも専用設計で、通常より太い純銅銀メッキ導体4本からなる「Super Litz Cable」を付属している。
<商品名> ハイブリッド型イヤフォン「SOLARIS(ソラリス)」
<価格> オープン(メーカー希望小売価格:171,900円+税)
<発売日> 2018年12月19日(水)
<問い合わせ> ミックスウェーブ蝓´03‐6804‐1681
<ホームページ> http://www.mixwave.co.jp

■FAudio トリプルチャンバー構造ダイナミック型イヤフォン

 ミックスウェーブ蠅蓮香港のカスタムIEMブランドFAudioより、独自のアコースティックチャンバー構造を採用するダイナミック型イヤフォン「Passion」を、2018年12月26日(水)より発売した。
 本製品は、メディカルファイバー素材ダイヤフラムを採用したダイナミック型ドライバーを搭載するユニバーサルイヤフォン。人肌のように柔らかで薄いダイヤフラムが軽量性や減衰特性を高め、よりタイトでパンチのあるサウンドを実現する。
 本体には3つのアコースティックチャンバー(空気室)が搭載されており、うち2つはハウジング容積を最適化し、空気の流れをコントロールすることで、ダイナミック型ドライバーのポテンシャルを余すことなく引き出すことができる。また、サウンドチューブに搭載されたもう1つのチャンバーは、鼓膜へかかる空気圧を軽減し、低音域の解像度を向上させることに機能している。
 イヤーチップは、標準タイプに加えて、ヴォーカルラインの再生に最適化した「FA Vocal」、楽器の音にフォーカスした「FA Instrument」(各S/M/L)を同梱する。
<商品名> ダイナミック型イヤフォン「Passion」
<価格> オープン(メーカー希望小売価格:37,500円+税)
<発売日> 2018年12月26日(水)
<問い合わせ> ミックスウェーブ蝓´03‐6804‐1681
<ホームページ> http://www.mixwave.co.jp

■パイオニア 完全ワイヤレスインナーイヤーヘッドフォン

 オンキヨー&パイオニア蠅蓮▲好檗璽弔篦牟个覆瓢藩儡超に応じて安心して使える、パイオニアブランドの完全ワイヤレスインナーイヤーヘッドフォン“E8 truly wireless”「SE‐E8TW」を、2019年1月下旬より発売する。
 本製品は、筐体同士を結ぶケーブルがない独立型で、ケーブルを気にすることなく音楽を楽しめる完全ワイヤレスイヤフォン。IPX5に対応し、運動中の汗や急な雨でも安心して使用できるほか、優れたフィット感で装着安定性を高める「セキュアイヤーフィン」を採用、周囲の音が聴こえやすい外音取込イヤーチップ「アンビエント・アウェアネス・イヤーチップ」も同梱する。
 サウンド面では、強磁力の希土類マグネットを採用した高感度6mmドライバーを搭載。そのドライバーから耳穴にダイレクトに音が届くノズル角を追究した「イヤーダイレクトマウント構造」により、クリアでパワフルなサウンドを楽しめる。
 また、操作ボタンは音楽再生などのほか、スマートフォンの音声アシスタント起動や音声読み上げアプリ「Notification App」に対応。ワイヤレス再生を楽しみながら、外部からの情報を音声にて確認可能だ。
<商品名> ワイヤレスインナーイヤーヘッドフォン「SE‐E8TW」
<価格> オープン(※オンキヨー直販価格:12,880円+税)
<発売日> 2019年1月下旬
<問い合わせ> パイオニア ホームオーディオコールセンター 050‐3388‐9425
<ホームページ> https://pioneer-headphones.com/japanese/

■パイオニア ユニバーサルプレーヤー「HDR10+」に対応

 オンキヨー&パイオニア蠅蓮▲僖ぅニアブランドのユニバーサルプレーヤー“UDP‐LX800/LX500”について、HDR映像の最新規格「HDR10+」に対応するファームウェアを、2019年春にリリースすることを発表した。
 従来のHDR10は、一つのコンテンツに対して最大輝度データを一つ記録しているが、「HDR10+」ではシーンごと、またはフレームごとにコンテンツの最大輝度をメタデータとして記録し、そのレベルを最適化できるので、制作者の意図により忠実な映像の再現が可能となる。
<対象製品> パイオニア UDP‐LX800/LX500
<主なアップデート内容> ◎最新規格「HDR10+」に対応
<公開時期> 2019年春
<問い合わせ> パイオニア ホームオーディオコールセンター 筍娃毅亜升械械牽検升坑苅横
<ホームページ> https://www.jp.onkyo.com

■ACTIVO コラボハイレゾプレーヤー「CT10 セガサターン」

 螢▲罅璽箸蓮同社取扱いハイレゾオーディオブランド“ACTIVO”より、セガサターンとのコラボによるハイレゾプレーヤー「CT10 セガサターン/セガサターン シロ」を、直販サイトおよびアニメイト(オンライン)ほかにて、2019年1月12日(土)より発売した。
 本製品は、ACTIVOハイレゾプレーヤー「CT10」をベースに、セガサターンのデザインを再現した特別仕様モデル。カラーは、初期型グレーと後期型ミストグレーの2色を用意(各色限定500台)。オリジナルパッケージを採用し、名作ゲーム曲の音源(楽曲はカラーにより異なる)をプリインストールする。
 それ以外の仕様はベースモデルの「CT10」と共通で、優れた処理能力と反応速度に加えて、高い安定性が特徴の“クアッドコアCPU”を採用。レスポンスの速いユーザーインターフェースが快適な音楽再生を実現し、大容量のハイレゾ音源でも安定した高音質再生を楽しめる。
 また、グループ会社であるアイリバーが開発を支援。Astell & Kernの技術を凝縮すべく、クロックジェネレーター、ヘッドフォンアンプ、ハイエンドDACなどを一体型にしたモジュール「TERATON」を主要回路として組み込むことで、音質に関して一切の妥協を排除しつつ製品本体のコンパクト化を実現した。
 さらに、PCレスで「groovers」ハイレゾ配信楽曲を購入できるストア機能やWi‐Fi/Bluetooth機能、USBオーディオ出力機能、USB DAC機能なども搭載している。
<商品名> ACTIVO「CT10 セガサターン/セガサターン シロ」
<価格> オープン(※公式直販サイト価格:44,800円)
<発売日> 2019年1月12日(土)
<ホームページ> https://www.aiuto-jp.co.jp

■ティアック ネットワークプレーヤー“Roon”対応のご案内

 ティアック蠅蓮同社のデュアルモノーラルUSB DAC/ネットワークプレーヤー「NT‐505」について、“Roon”に正式対応する最新ファームウェアを、2018年12月20日(木)より公開した。
<対象製品> USB DAC/ネットワークプレーヤー「NT‐505」
<主なアップデート内容> ◎“Roon”サービスに正式対応
<公開日> 2018年12月20日(木)
<問い合わせ> ティアック AVお客様相談室 0570‐000‐701 PHS・IP電話等からは042‐356‐9235
<ホームページ> https://teac.jp

■MYTEK Digital 「Manhattan DAC II」アップデートのご案内

 螢┘潺薀い蓮MYTEK DigitalのDAコンバーター「Manhattan DAC II」およびコントロールパネルアプリ『Mytek Control Panel』について、機能向上を目的として最新ファームウェアを公開した。
<対象モデル> USB DAコンバーター「Manhattan DAC II」
<主なアップデート内容>
◎MQAデコーダーを大幅にアップデート
◎Roon Readyに正式対応(ファンクションボタンが、Roon使用時の再生/停止ボタンとして動作)
◎SDIF入力がDSD256データの再生に対応
◎SDIFレートに、サンプリング周波数の検知オプションを追加
◎AES/EBU入力およびSPDIF入力が、384kHz PCMおよびDSD128(5.6MHz)データのDoP入力に対応
◎ボリューム変化量の表示をパーセント単位で表示する仕様に変更
◎その他、一部不具合を修正
※ファームウェアを更新するには、『Mytek Control Panel』をインストールしている必要があります。
<公開日> 2018年12月20日(木)
<問い合わせ> MYTEK Digital 問い合わせフォーム https://www.mytekdigital.jp/contact/
<ホームページ> https://www.mytekdigital.jp

■エソテリック インテグレーテッドアンプ試聴体験フェア 実施中

 エソテリック蠅蓮同社のインテグレーテッドアンプ「F‐03A」が、米『The Absolute Sound』誌2018年12月号にて高評価を受けたことを記念して、試聴体験フェアを実施中! さらに、新製品(K‐01Xs/K‐03Xs/K‐05Xs/K‐07Xs/N‐03T)の発売を記念して、「新製品 試聴体感フェア」も同時開催中だ。この機会に、ぜひその素晴らしい音質を、店頭でお確かめいただきたい。
<名称> エソテリック「インテグレーテッドアンプ 試聴体験フェア」
<期間> 2019年1月1日(火)〜3月31日(日)まで
<会場> エソテリック製品特約店 ※期間中は、「新製品 試聴体感フェア」も同時開催いたします。
<問い合わせ> エソテリック AVお客様相談室 0570‐000‐701 PHS・IP電話等からは、042‐356‐9235
<ホームページ> http://www.esoteric.jp

■リンジャパン アナログターンテーブル トーンアーム刷新ほか

 リンジャパン蠅蓮同社のアナログターンテーブル「MAJIK LP12」について、2018年12月より、新たなトーンアームを搭載しリニューアルした。変更点はトーンアームのみで、価格は従来と変わらない。
 本製品は、発売以来Project社製トーンアームを採用しており、同社のラインアップの中でも唯一他社製品を使用していた。今回新たに搭載されるスタティックバランス型のオリジナルアームは、シンプルながら高い精密感をもった精悍なブラック仕上げ、そして、誇らしげに印字される“LINN”のロゴ…。標準アームボードに搭載可能な設計であることはもちろん、ピラーの固定方式も同社伝統の方式を採用している。
<商品名> アナログターンテーブル「MAJIK LP12」
<価格> 430,000円+税
<更新日> 2018年12月
◇DS→DSM コンバージョン
 同社のネットワークプレーヤーについて、「DS→DSM コンバージョン」サービスを期間限定で再開。
<期間> 2019年2月28日(木)までご注文受付け中!
◎「KLIMAX DS」(全世代)→「KLIMAX DSM/2」へ
<価格> 1,300,000円+税
◎「AKURATE DS」(全世代)→「AKURATE DSM/3」へ
<価格> 500,000円+税
◇LP12アクセサリー価格改定
 併せて、LP12用ドライブベルトとオイルの価格が改定された。
◎LP12用ドライブベルト
<価格> 7,000円+税
◎LP12用純正オイル
<価格> 1,500円+税
<問い合わせ> 螢螢鵐献礇僖鵝.侫蝓璽瀬ぅ筌0120‐126173
<ホームページ> http://linn.jp

■Astell & Kern ポータブルプレーヤーアップデートのご案内

 螢▲罅璽箸蓮◆Astell & Kern”が展開するポータブルオーディオプレーヤー A & ultima「SP1000/SP1000M」、A & futura「SE100」、A & norma「SR15」について、最新機能に対応するファームウェアを公開した。
<対象製品/アップデート内容>
【SP1000】
◎プレイリストにMQA表示追加
◎ALAC32bitファイル再生対応
◎OPEN APKサービスの安定化
◎その他、動作安定性の向上
【SP1000M/SE100】
◎MQA音源の再生サポート/プレイリストにMQA表示追加
◎MQA CDのリッピングに対応
◎ALAC32bitファイル再生対応
◎OPEN APKサービスの安定化
◎その他、動作安定性の向上
【SR15】
◎MQA音源の再生サポート/プレイリストにMQA表示追加
◎MQA CDのリッピングに対応
◎ALAC32bitファイル再生対応
◎OPEN APKサービスの安定化
◎画面上段に、Balanced接続/ホイールロックアコンを追加
◎リッピング中の通知バーをオフ
◎その他、動作安定性の向上
<公開日> 2018年12月12日(水)
<問い合わせ> アイリバーサポートセンター 0570‐002‐220(受付:平日10時〜18時)
<ホームページ> https://www.iriver.jp

■オンキヨー&パイオニア HiFiオーディオ製品 MQA対応アップデート

 オンキヨー&パイオニア蠅蓮▲ンキヨー/パイオニア各ブランドのHiFi製品について、MQAに対応するファームウェアを公開した。
 MQAは、スタジオマスターと同等のハイクオリティを再現できるエンコード技術。“オーディオ折り紙”と呼ばれる独自の方法で、ストリーミングやダウンロードに適した小容量化と高品位再生を両立する。
<対象製品> ◎オンキヨー NS‐6130/6170、CR‐N775、R‐N855、TX‐8250 ◎パイオニア N‐30AE
<主なアップデート内容> ◎MQAファイル再生に対応
<公開日> 2018年12月18日(火)
<問い合わせ> オンキヨー オーディオコールセンター 050‐3161‐9555、パイオニア ホームオーディオコールセンター 050‐3388‐9425
<ホームページ> https://www.jp.onkyo.com

■山下洋輔/森山威男 『jazz concerto』

 ジャズを“コンチェルト”で聴く醍醐味!! 100%アドリブのソリストが、ジャズオーケストラをバックに縦横無尽に弾きまくる、叩きまくる! まさに、ジャズならではの前代未聞のインタープレイ!
 ソリストには、わが国が世界に誇るトップアーティスト、山下洋輔氏と森山威男氏が登場。日本のフリージャズを50年にわたり牽引してきた山下氏のエネルギッシュなピアノはもちろん、森山氏によるドラムスがソリストという世界が驚く圧巻のパフォーマンスをお届け! 同じ楽曲の贅沢な聴き比べも用意される。
 ジャズ・ファンだけでなく、クラシック好きの皆様をはじめ全ての音楽ファンに、“目の前で即座に創造される音楽”の醍醐味を、ぜひご体感いただきたい。新たな音楽のあり方に触れて、音楽の限りない可能性の広さを実感してください!
<公演名>『jazz concerto』
<日時> 2019年3月9日(土)15時開演(14時30分開場)
<会場> 越谷・サンシティホール
<プログラム> ◎第1部:山下洋輔(タンゲディア/ボレロ/枯葉/アランフェス協奏曲/カルミナ・ブラーナ)
◎第2部:森山威男(見上げてごらん夜の星を/ボレロ/オブリビヨン/アランフェス協奏曲/カルミナ・ブラーナ)
◎フィナーレ:山下洋輔&森山威男(サンセット・ブルーバード、鳥の歌)
<チケット> 一般:5,000円、学生:2,500円(税込・全席指定)
<主催> 越谷市施設管理公社
<問い合わせ> サンシティホール 048‐985‐1112
<ホームページ> http://www.suncityhall.jp

■イーソニック 指向性超音波スピーカー

 螢ぁ璽愁縫奪は、超音波を利用して限定的な範囲にのみ音声の伝達が可能な「指向性超音波スピーカー/オール・イン・ワン タイプ」を、2019年1月より発売する。
 本製品は、超音波を利用して音声を出力することにより、限られた範囲にのみその音を届けることが可能な指向性超音波スピーカー。デジタルサイネージの補助として興味ある人に向けた音声案内や、美術館・博物館で見ている展示物のみを音声案内、店舗での商品ごとの音声案内、ATMや切符の販売機で操作者向けの音声案内などに活用できる。
<商品名>「指向性超音波スピーカー/オール・イン・ワン タイプ」
<価格> オープン
<発売日> 2019年1月
<問い合わせ> 螢ぁ璽愁縫奪 03‐6206‐9303
<ホームページ> http://www.e-sonic.co.jp

■鎌倉FM「ピュアサウンドナウミュージック」

 鎌倉FM(周波数82.8MHz)にて毎週水曜日PM9時(再放送:日曜日PM3時)より放送されている『ピュアサウンドナウミュージック』は、地元在住の本誌評論家・須藤一郎氏がプロデュースを受け持った音と音楽のためのプログラムで、今期のパーソナリティは、同じく地元鎌倉に在住の大橋伸太郎さん。
 LPを最新デジタル技術で録音・再生するコーナーは必聴の『ピュアサウンドナウミュージック』。FM放送は鎌倉市を中心とした一部地域のみの受信となるが、聴取が可能な方はぜひ一度チェックしていただきたい。また、J:COM鎌倉ケーブルテレビ経由(周波数79.4MHz)、もしくは鎌倉FMのホームページ(http://www.kamakurafm.co.jp)あるいはスマホ対応のTuneIn Radioよりインターネットでも聴くことができる。
<放送時間> 毎週水曜日PM9時〜10時(再放送:日曜日PM3時〜4時)
<問い合わせ> 鎌倉FM 0467‐25‐7000

HOME