「コードのしくみ」サポート



 「CD-ROM 新編音楽中辞典」 について


 「CD-ROM 新編音楽中辞典」についてのFAQをまとめました。

● CD-ROM版とウェブサイト版の内容はどう違いますか?
 「新編音楽中辞典」はCD-ROM版ウェブサイト版ともに、記述の内容は同一です。ただし、ウェブサイト版は細部において若干アップデイトされている場合があります。
 
● 「CD-ROM 新編音楽中辞典」のMacintosh版の発売予定はありますか?
 予定しておりません。Macintoshをお使いの方は、ぜひウェブサイト版をご利用ください。


 CD-ROMのWindows Vista & Mac OS 対応について


 小社のCD-ROMは、Windows Vista でも動作することが確認されております。それぞれの対応は次の通りです。

● 音でわかる楽典CD-ROM(インストール版Ver.X&XP)
 WindowsXPとMacOSX(10.1.5以上)に対応いたしました。インストールした上でハードディスクから起動することも、CD-ROMそのものから起動することも可能です。

● 音でわかる楽典CD-ROM(改訂新版Ver.3)
 Windows XP、2000、98、MeとMac OS(8.5〜9.2)に対応しています。そのままCD-ROMからソフトを起動させると、動作します。なおこのソフトは、容量が600MBを越えるため、機種によってはハードディスクの容量を消費しすぎて動作不良となる恐れがあるため、CD-ROMのままお使いいただくようになっています。

■改訂新版Ver.3におけるWindows XP 起動時トラブルの解決法
 「音でわかる楽典 CD-ROM」(改訂新版Ver.3)をWindows XPで起動しようとして、以下のようなアラートメッセージが出た場合は、次のように対処してください。
[アラートの表示]
 「このプログラムを起動するには、最低3MBの使用可能な仮想記憶が必要です」
[原因]
 XPの初期設定として、仮想メモリをハードディスクの容量最大近くまで設定しているためだと思われます。仮想メモリのサイズを減らせば正常に起動します。
[仮想メモリ変更方法]
 *マイコンピュータのプロパティを開き、詳細設定タグをクリック
 *パフォーマンス欄の設定ボタンをクリックし、詳細設定タグをクリック
 *仮想メモリ欄の変更ボタンをクリック
 *カスタムサイズで数値を減らすか(例:初期値180、最大値360)、またはシステム管理サイズを選択後、設定ボタンをクリック
 *OKをクリックしてウィンドウを閉じる
 *設定変更後、コンピュータの再起動を促すウィンドウが出るので、コンピュータを再起動し、楽典を起動
 (症状が変わらなければさらに仮想メモリを減らす)

 
● 音でわかるコードのしくみ CD-ROM
 Window用には、ファイルが2つ入っていますが、その中の「コードのしくみDTM」の方のファイルをハードディスクにインストールするか、そのままCD-ROMから開いていただくと、正常に動作します。「DTM」と書いていないほうの「コードのしくみ」ファイルは音が出ない場合があります。必ず「DTM」の方のファイルをお使い下さい。

---
 「音でわかる楽典」Ver.X&XPを除くCD-ROMは、Mac OS8以上OS9.xまでとのハイブリッド版です。Mac OS9.xまでは全く問題なく動作しています。現行のMac OSX には、クラシック環境が自動的に開き、使用できます。ただし、もしアップルコンピューターが、クラシック環境を削除する場合は、Mac OSXでは使用できなくなりますので、ご承知下さい。




「コードのしくみ」インストール時のトラブルについて(Mac OS 8.5以上をお使いの方へ)

 「コードのしくみ」は、音の再生のために、ソフトウェアMIDIを使用しております。そのソフトウェアMIDIを最初にインストールし、初期設定ファイルを作成する際に、8.5以上のMac 0Sの場合インストールが完了しない場合があります。その際の解決策として、以下の方法がございます。

●読み込みフリーズ状態の時に、OSそのものを再起動するのではなく、コマンド(アップルマーク)+ Option + escでソフトだけを強制終了させ、再度「コードのしくみ」CD-ROMをダブルクリックしてインストールします。

本件に関するお問合せは、 までお知らせください。



ホームへ